The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 31日

Cranky George : FAT LOT OF GOOD ジェームズ・ファーンリィ在籍バンドのアルバム

 クランキー・ジョージはロサンゼルスを拠点に活動している5人組。ジェームズがアコーディオン、ギター、ヴォーカルなどを担当している。中心メンバーのキーラン&ダーモット・マルロニー兄弟はアイリッシュ・アメリカンでマルチプレーヤーで、1990年代中頃ポーグスを脱退し西海岸へ移住したジェームズと長きにわたり音楽活動を共にしている。アコースティックなフォーク・ロックを基盤とし、ジプシーやクレツマーを感じさせてくれ、独特の寂れた感がたまらなく良い、そんな感じのサウンドを奏でている。
d0084437_14574015.jpg

iTunes bandcamp

d0084437_14575855.jpg
◆ジェームズは自身のオリジナル4曲ではヴォーカリストも兼ねており、現在進行形の演りたい音楽の中にポーグスで表現していたあの独特な雰囲気の中とキャラクターを散りばめている。マルロニー兄弟をはじめとするメンバーとの相性もバッチリだ。


[PR]

by chihon | 2016-12-31 01:27 | James Fearnley


<< テレサ・マガゥワン交通事故で他界      RIP Frank Murray >>