The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 23日

The Pogues at House of Blues, Boston 20 March


Set List - Day 8

13. Metropolis
13. Boys from the County Hell

 14日のショーの13曲目が変更


d0084437_2463747.jpg



d0084437_2464837.jpg



d0084437_246597.jpg

[PR]

by chihon | 2009-03-23 10:52 | Pogues
2009年 03月 17日

The Pogues at Roseland Ballroom, New York 14 March


Set List - Day 4

01. Streams of Whiskey
02. If I Should Fall from Grace with God
03. The Broad Majestic Shannon
04. Turkish Song of the Damned
05. A Pair of Brown Eyes
06. Repeal of Licensing Laws
07. Cotton Fields
08. Greenland Whale Fisheries
09. Sayonara
10. Tuesday Morning
11. Kitty
12. Sunnyside of the Street
13. Metropolis
14. Body of an American
15. Lullaby of London
16. Thousands are Sailing
17. Dirty Old Town
18. Bottle of Smoke
19. The Sick Bed of Cuchulainn

20. Sally MacLennane
21. A Rainy Night in Soho
22. The Irish Rover

23. Poor Paddy
24. Fiesta


d0084437_245289.jpg

[PR]

by chihon | 2009-03-17 03:22 | Pogues
2009年 03月 05日

Imelda May : LOVE TATTOO

 去年あたりから気になっていた女性シンガーの最新作が日本でリリースされた。ダブリン出身のイメルダの活動歴は結構長いらしが、去年ぐらいから現在の活動拠点であるイギリス、そして地元アイルランドのメディアに露出するようになった。今やブレイク寸前と言っていいだろう。このアルバムは全12曲中10曲が彼女のオリジナルだ。パッと観聴きするとロカビリー、根はジャズとブルースだ。そこにアイリッシュらしさをブレンドした女性シンガーは過去にもいることにはいた。だが、バウロンを叩きながら唄うこのスタイルは長年アイリッシュロックを聴いているが他にはちょっと思いつかない。そんなワルっぽくセクシーなイメルダだが、バックミュージシャンがまたカッコよく、ロッキン&スウィンギンで滅茶苦茶イカした人たちだ。余談だがライナー担当の某ライター氏は文中で、的確に「ロカビリーの系譜を受け継ぐ縦軸の要素」としてポーグスとの系譜について触れていた。

d0084437_1318188.jpg
CD Imelda May : LOVE TATTOO, 2008 (ユニバーサルミュージック / UCCU 1187)


d0084437_13293243.jpg
[PR]

by chihon | 2009-03-05 15:04