The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 22日

BOOTS OF SPANISH LEATHER

 ディラン、ロニーとブログのネタが続き、思い出したことがある。ディランの名曲‘BOOTS OF SPANISH LEATHER’を、たしかロニーがカヴァーしてたはず。ネット検索するより自分ちのCDやレコード棚を見た方が早い・・・デ・ダナン・・ダブリナーズ・・そう、ダブリナーズの“30 YEARS A GREYING”に入ってた。聴くのはかなり久しぶり。ダブリナーズ&デ・ダナンでボーカルがロニーとエレノア・シャンレー。恋人の元を旅立っていく別れの唄、男がロニーで女がエレノア、会話っぽく流れていく。アイルランドからスペインへ行くのかどうかは分からない。この曲の邦題は「スペイン革のブーツ」、そう、よく太田裕美の「木綿のハンカチーフ」が引き合いに出される曲です 006.gif

d0084437_105331.jpg

[PR]

by chihon | 2008-01-22 01:04
2008年 01月 21日

Ronnie Drew tribute

 先頃ダブリンのウインドミル・レーン・スタジオで、ガンで闘病中のRonnie Drewへのトリュビュート・ソングのレコーディングが行われた。
U2とKilaのコラボレーションに、Dubliners, Chieftainsが参加し、ボーカル・パートにはChristy Moore, Sinead O'Connor, Shane MacGowan, Andrea Corr, Ronan Keating, Bob Geldof, Damien Dempsey, Gavin Friday, Jerry Fish, Paul Brady, Moya Brennan, Paddy Casey, Mundy, Chris de Burgh, Eleanor Shanley, Mary Coughlanが参加とオール・スター然りといったラインナップ。更にチェコ滞在中のGlen Hansardにいたっては電話で唄ってレコーディングに参加したという。
 ‘THE BALLAD OF RONNIE DREW’というこの曲、Bono, The Edge, Robert Hunter(Grateful Dead), Simon Carmody(Golden Horde)らの共同で作詩作曲され、John Reynoldsがプロデュース。また、映画Onceの監督John Carneyがレコーディング風景を撮影した。「彼がどんなに本当に尊敬されて、愛されるかについて分かって欲しい」とBonoが言っているように、後の世代への影響とそこからリスペクトは大きい。この曲をRonnie本人に聴かせ、体調次第では本人による追加ヴァース録音も考えられている。また、u2log.comによると、この春に小児ガン・チャリティとしてシングル・リリースされるらしいが、詳細は未定(また、Shaneがパスポート忘れ、の記述もあり・・・)。

 昨年暮れにRonnieが出演したTV番組がネットで観れるようになっています(5段目)。愛妻を亡くし、トレードマークの白髪も自慢のヒゲも抗ガン剤の影響で全部抜け落ちてしまってるけど、悲痛さとか感じさせないでケッコウ元気。やっぱりこの人ってスゴイです。この中でもチラっとふれてるけど1965年制作のRonnie(Dubliners)主演の短編音楽映画 O'DONOGHUE'S OPERA がリヴァイヴァルされています。ミュージカル&コメディ風の作品です。

d0084437_16303117.jpg

Bono consoles Ronnie Drew at the funeral of Ronnie's wife Deirdre
in Greystones, Co Wicklow, last May. Photo: COLLINS

[PR]

by chihon | 2008-01-21 16:47
2008年 01月 20日

Bob Dylan

 ボブ・ディランが、かつては自分のツアーの前座をスッポかした事もあるシェインの曲(ポーグスのデビュー曲)を、自分のラジオ番組でかけた。ココからmp3をダウンロードできるようにしてみました(実験的仮ページ)。

 ロンドンのアイリッシュ・マン、シェイン。ポーグスはここ数年で最もおもしろいアイルランド音楽を演っている。歌詞は民族的な誇りに満ち溢れている。元々はポーグマホーンと名乗ってたけど、ゲール語だと、オレのケツにキスをしろ、って意味。BBCからそりゃマズイってんでポーグスってバンド名にしてこのデビュー・シングルを出し(なおし)た。シェインがロンドンのアンダーサイドについて唄ってる・・・・
[PR]

by chihon | 2008-01-20 22:05
2008年 01月 16日

USA Tour Dates

The Pogues March 2008

March 5 Chicago IL, Riviera Theatre
March 6 Chicago IL, Riviera Theatre
March 9 Washington DC, 9:30 Club
March 10 Washington DC, 9:30 Club
March 12 Baltimore MD, Rams Head Live
March 13 Philadelphia PA, Electric Factory
March 15 New York NY, Roseland Ballroom
March 16 New York NY, Roseland Ballroom
March 17 New York NY, Roseland Ballroom
March 19 Boston MA, Orpheum
March 20 Boston MA, Orpheum

 恒例となった3月のアメリカ・ツアーの日程です
[PR]

by chihon | 2008-01-16 13:24 | Pogues
2008年 01月 14日

Sharon Shannon & Shane MacGowan

 シャロン・シャノンとシェインのツアーの様子。ゲストとして「アイリッシュ・ローバー」「ブライト・サイド・オブ・ザ・ロード」「ニューヨークの夢」「レイニー・ナイト・イン・ソーホー」そして「フィエスタ」を唄った。シェインはシャロンの微笑みにキス、観る者にとってはたまらない瞬間、観衆は大盛り上がり・・・。想像しただけでもスゴイな。せっかく年末アイルランド行ったんだから無理してでも滞在延ばして観に行くべきだった・・・ああ無念。右からジョーイ・キャッシュマン(シェインのマネージャー、ホイッスル)、シャロン(アコーディオン)、マンディ(ギター/ボーカル)、デジー・オハロラン(フィドル/ボーカル)、酒瓶持ったシェイン。
d0084437_18594313.jpg

photo : Colin Gillen

[PR]

by chihon | 2008-01-14 19:25 | Shane MacGowan