The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 24日

The Pogues at The Fillmore, San Francisco 22 October

Set List - Day 4

01. If I Should Fall from Grace with God
02. Streams of Whiskey
03. The Broad Majestic Shannon
04. Turkish Song of the Damned
05. Young Ned of the Hill
06. A Pair of Brown Eyes
07. Boys from the County Hell
08. Tuesday Morning
09. Kitty
10. Sayonara
11. Greenland Whale Fisheries
12. Repeal of the Licensing Laws
13. Sunny Side of the Street
14. The Body of an American
15. Old Main Drag
16. Dirty Old Town
17. Bottle of Smoke
18. The Sickbed of Cuchulainn

19. Sally Maclennane
20. Poor Paddy
21. The Irish Rover

22. The Star of the County Down
23. A Rainy Night in Soho
24. Fiesta

d0084437_213882.jpg


d0084437_223799.jpg

[PR]

by chihon | 2007-10-24 02:04 | Pogues
2007年 10月 17日

フィリップ近況 2

「7週間の治療とその後の7週間の静養期間が過ぎたわけだが、治療がどの程度成功し
たか判断するのは時期尚早のようだ。12月まではさらなる診察も治療後の経過予想も
行われないので、これ以上の近況報告はできないが、普段の生活が戻ってきているよ
うだ。体力が弱っているから疲れやすいし、たまにヨーグルトとかアイスクリームを
口にする以外、たんぱく質や炭水化物の流動食をチューブで摂取しているが、液体の
干草のような感じだ。『千草』が1時間に125グラムのペースで栄養が行き渡るよう
に、毎日、8時間は座ったり横になったりしなくちゃならない」

「僕の聴力についてだが、化学療法の副作用の影響で、現在90%耳が聞こえないというのは事実だ。聴覚の専門医から様々な専門的意見を得ているが、完全に回復するかど
うかは意見が分かれている。あいにく、『回復する可能性は低い』方に傾いているよ
うだ。僕自身、この先音楽活動を続けていけるかどうか、ポーグスの一員としてス
テージに立てるかどうか、答えを見つけようとしているが、耳が不自由でもプロとし
て活躍しているミュージシャンが居ると聞いて、少しは希望を持っている」

「予想できるだろうけど、こんな状態になって、僕はとっても不幸だが、回復
する希望を完全に捨てたわけではないし、少なくとも今回の逆境について答えを探ろ
うとしているところだ」
[PR]

by chihon | 2007-10-17 00:41 | Philip Chevron
2007年 10月 13日

No Sweat / The Sweat / Clive Culbertson

d0084437_1224054.jpg

パワーポップファンは要チェック!!
今もなお現在進行形で語り継がれる歴史的名作である北アイルランド出身の伝説的
パワーポップバンド、THE SWEAT/CLIVE CULBERTSONの来日公演があります!!
入手困難だった彼等のアルバムが10/3にリリースされ高セールス中!!

☆ THE SWEAT/ CLIVE CULBERTSON
北アイルランドのアントリム州出身のパワーポップバンド。
結成当初はNO SWEATとしてシングル一枚をRIP OFFレーベルより1978年にリリース。
Belfast Rockなどのコンピレーションにも収録され、後にTHE SWEATと名前を変え、
80年にシングル“Why'd Ya Have To Lie ”、“I Must Be Crazy”、そしてアルバム
”No More Running”をリリースする。
そして、THE SWEAT の中心人物にしてサウンドワークの鍵を握っていたのが
CLIVE CULBERTSONであり、ソロとしても数々の名曲を残している。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ☆THE SWEAT/CLIVE CULBERTSON奇跡の来日公演!!☆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1977 records presents
THE SWEAT/CLIVE CULBERTSON JAPAN TOUR 2007

★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★
☆11月2日(金)-THE SWEAT night-
 DJ:小室孝智(DISK UNION新宿PUNK MARKET)

☆11月3日(土)-CLIVE CULBERTSON night-
 DJ:西堀純市(1977)

⇒場所:下北沢 SHELTER (03-3466-7430)
 開場 19:30 開演 20:00
 前売4000円 ドリンク代別

⇒前売取扱い(現在発売中)
 チケットぴあ(P272-268)
 ローソンチケット(L37591)  
 DISC UNION新宿パンクマーケット(03-5363-9779)
 DISC UNION渋谷パンクマーケット(03-3461-1121)
 DISC UNION下北沢店(03-3467-3231)
 NAT RECORDS(03-3368-8262)
 RECORD SHOP BASE(03-3318-6145)
 TINY RECORDS(03-3462-1521)
 1977レコーズ(メール予約 -日時、枚数、氏名、TELを明記-)

*注意:両日共に演奏する曲が若干異なります。
初日はTHE SWEAT、2日目はCLIVE CULBERTSONを中心にお届け予定。
但し、メンバー構成上予定と異なる場合が有りますのでご了承下さい。
[PR]

by chihon | 2007-10-13 01:47 | NORTHERN IRELAND
2007年 10月 09日

Happy Birthday

d0084437_032205.jpgd0084437_0323723.jpgJames Fearnley is 53 today
[PR]

by chihon | 2007-10-09 00:56 | James Fearnley
2007年 10月 09日

Kate Moss & Pete Doherty はセックス依存の関係だった

 ポーグスのフロントマン、シェイン・マガゥワンによると、スーパーモデルのケイ
ト・モスとロック歌手のピート・ドハーティの絆のすべては、最高のセックスに拠って
いた。
ファッションショーの美女が麻薬中毒者のドハーティに別れを告げたのは、今年の7
月、ドハーティの、謎のブルネットの女性との浮気が発覚したからだ。その後、ケイ
ト・モスは、ジェイミー・ヒンス(The Killsのボーカル)と交際を始めた。
だが、マガゥワンは、モスは、ドハーティと同じ関係を新しい恋人とは築けないだろ
う、と言っている。
「ピートとケイトはパーフェクトだった。お互いにメチャクチャ夢中で熱をあげてい
たからね」
「ふたりは、ケンカは絶えないけど、仲直りしたら、ものすごく刺激的なセックスが
できる関係なんだ」
SFGate
[PR]

by chihon | 2007-10-09 00:53 | Shane MacGowan
2007年 10月 04日

25th Anniversary

 Pogue Mahoneのファースト・ギグは25年前の10月4日、ロンドンのPindar of Wakefield。以前にも書いたが、今でもロンドンに行ってキングス・クロスに立ち寄った際にはなぜかこの店に足が向く。なにかギグが演ってればジャンルを問わず中へ入る。そして必ずすぐそばにあるフィッシュ&チップス屋に寄る。
 僕が初めてポーグスを観たのはそれから4年後で、もうその時は8人編成になっていた。白状すれば、今でも25年前のキングス・クロスに憧れる。某音楽ライター(日本人)の方から6人編成時代のポーグスを生で観た話を聴いた事がある。シェインがギターを弾きながらハチャメチャに唄う初期のポーグス(ポーグ・マホーン)、僕は映像でしか知らない。
 1996年〜2001年は解散していたんですけど、祝・25周年。特に、最初から最後まで(そしてもちろん再結成後も)メンバーなオリジナル・ポーグこと、ジェム、スパイダー、アンドリューに乾杯。

d0084437_156626.jpg


 追伸 : 今月結成25周年に合わせて発売が予定されていたボックス・セットは来年3月に延期。CD3枚+DVD1枚になる見込み。
[PR]

by chihon | 2007-10-04 01:59 | Pogues