The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 27日

Brand New Cadillac !?!?

 「サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」がアメ車キャディラックのTV-CFに使われています。GMのサイトで観れます(MORNING RITUALの所をクリック)。
[PR]

by chihon | 2007-02-27 21:33 | Pogues
2007年 02月 26日

Shane MacGowan Interview - part 5

 お待たせしました。インタビュー翻訳の最終回です。

めったに会えない男 ― シェイン・マガゥワン インタビュー
at 2006年クリスマス
(パート5)


 このインタビューの締めくくりで、シェインはクリスマスをどのように過ごしたかについて話してくれた。また、アイルランドの実家での新年の集まりと、50歳の誕生日祝いの計画についても語っている。

 「ティペラリーにはクリスマス当日から来ている。クリスマスには、みんなで大酒を飲んで、親父とケンカしたり...和気あいあいと過ごしたよ。そういえば、マーク・ラドクリフが "Stars in Your Eyes" に出たんだって? キミは見たかい? 俺のマネはうまくいったのかな?(笑) 歯抜けもマネてたんだろ? なんていうか、俺は、マジメにやってるのに、それについてからかわれるのには耐えられないんだよ(笑)。でも、そのマークの 映像は見てみたいね。」

 「大晦日は楽しみだよ、いい1日になると思う。俺が育った田舎にある古い家で過ごすんだ。築400年に近くになる家なんだ。あの家で過ごしたことがすべての始まりさ。すてきな一夜になるはずさ。残りの家族全員が集まって、酒を飲み、歌って演奏する。俺はギターでも何でも、そこにある楽器をだらだらと弾いているけど、大晦日にはシャン・ノース(*1)・タイプの曲をやるつもりなんだ。エルヴィスとかロックンロールの古いレコードをかけたりね。」

 「来年(2007年)の50歳の誕生日は、パーティをやるいい口実になりそうだね。40歳の時は、あえて無視してたんだけど、50歳は盛大にやりたいね。でも、メディア(マスコミ)によると、俺はあと6ヶ月しか生きられないらしいが、それは間違いだったね(笑)。誰かが、お前の命はあと6ヶ月だって言うたび、俺は、黙れ!って言い返す。まぁ、それがメディア(マスコミ)っていうもんだよ。あいつらがあと6ヶ月って言い始めてからしばらく経つけど、あいにくトミーも逝っちまった。だが、俺は生き続けるよ。」

 「最後に、イングリッド(*2)に伝えてほしいんだけど、俺が始めるブログをshanemacgowan.comに載せるつもりだって。彼女も自分の仕事で忙しいと思うけど、とにかくブログのこと伝えておいてよ。それじゃ、ハッピー・ニュー・イヤー!」

- End -


(*1) Sean-Nos アイルランドの伝統的歌唱法(無伴奏)。本来はゲール語(アイルランド語)で唄われる。簡単率直に言うと、(ゲール語ではないが)DVD『堕ちた天使の詩』の中の「キティ」をアカペラで歌ってるシーンが判りやすいか。
(*2) シェインのサイトPaddy Rolling Stoneのオーガナイザー。ドイツ在住。元々はポーグスのファンクラブだったが、1993年にFriends of Shaneと名を変えスタート。当時は紙の会報を発行していたが、徐々にインターネット上で活動するようになる。当ブログ筆者の長年の友人でもあり、今回彼女経由で掲載許諾を頂きました。


Source of the material : Paddy Rolling Stone
Copyright : Martin Roddy, January 2007
Thanks to Ingrid Knetsch
無断転載厳禁 転載の際は必ず許諾をとってください。
[PR]

by chihon | 2007-02-26 18:39 | Shane MacGowan
2007年 02月 14日

禁断の男性シンガー

 シェインがインタビューの中で賞賛しているシンガー達をまとめて聴けるCDです。代表曲はほぼ網羅しています。ポーグスなどから遡ってこの辺りを聴くとハマります。抜け出せなくなる禁断の世界です。もちろんギネス飲みながら・・・

d0084437_1851872.jpg
2CD Various : LEGENDS OF IRISH FOLK, 2006 (Dolphin / DOLTV2CD 106)
[PR]

by chihon | 2007-02-14 18:22
2007年 02月 13日

シェイン最新ショット

d0084437_13141829.jpg


 今月上旬、タンジール(モロッコ)の某ホテルにて。クリエーターのディック・エドワーズと。シェインが着てるのはおととしの来日のステージで着ていたスーツですよね。
[PR]

by chihon | 2007-02-13 13:12 | Shane MacGowan
2007年 02月 12日

Shane MacGowan Interview - part 4

 インタビューも大詰め、いよいよ佳境にはいってきました (^_-)

めったに会えない男 ― シェイン・マガゥワン インタビュー
at 2006年クリスマス
(パート4)

Source of the material : Paddy Rolling Stone
Copyright : Martin Roddy, January 2007
Thanks to Ingrid Knetsch
無断転載厳禁 転載の際は必ず許諾をとってください。

 シェインが、彼の作品と同じように、そのライフスタイルや歯抜けでも有名なのは無理もない。みんなシェインが‘FAIRYTALE OF NEW YORK’「ニューヨークの夢」を書いたことは知っている。でも、彼のソング・ライティングの範囲が本当はどこにあるのか知っているのは、純粋主義者だけだ。確かに、彼の最もすぐれた作品は'80年代に書かれたものと言えるが、彼の書いた曲は21世紀になった現在でもその人気を保っている。ここでは、シェインが作曲の過程と、曲のアイデアがどこからくるのか語ってくれた。

 「俺はただ、ギターでもなんでも、手元にある楽器をかき鳴らすだけだよ。普段から、すぐそばになにかしら楽器があるからね。あるいは、パブで飲んでるときに大ざっぱなアイデアが浮かんでくることもある。すぐに浮かぶときもあれば、時間がかかるときもあるし、あとはだいたいジェムとの共同作業かな。信じてくれないかもしれないけど、「ボディ・オブ・アメリカン」は、俺が "Everyone there was pisskey" (そこにいるみんなが酔っ払ってた) っていうせりふを思いついた結果生まれた曲なんだ (笑) 。"pisskey" はもちろん "pissed" (酔っ払う) っていう意味だよ。それから、幼少期に知ったアイルランドのいろんな物語が題材になることもある。たとえば、家の外に止まっているキャデラックや、殉死して故郷に戻ったアメリカ人やら、ボクサーとか・・・いろんな人々や出来事のごちゃまぜさ! 「ニューヨークの夢」もちょっとそんな感じかな! ジェムと俺で、それぞれ曲のアイデアを持ってて、この曲をクリスマスのデュエット曲にしようということになった。でも、どのクリスマス・ソングにもありがちなたわごとじゃなく、ポーグスの雰囲気を盛り込んだ曲にしたかった。ある時点で、いい線までいってて、そこにカースティ(・マッコール)の魅力が加わったんだ。もちろん、ケイトも頑張ってくれたけど、彼女がバンドを抜けて台無しになっちまった(*1)。それから俺たちは、2年間レーベルともめて(*2)、3枚目のアルバム『堕ちた天使』をリリースして、長いことそのアルバムの曲をライヴで演ってきた。最終的にカースティをスタジオに招いて、彼女が「なんとかやってみるわ」って言ってくれたんだ。彼女のボーカルのおかげで、あの曲は素晴らしいものになったよ。「ニューヨークの夢」がリリースされた頃は最高だったし、誇りに思っている。バンドのメンバー全員、カースティ、ケイト、それから関わりのあった全ての人たちのおかげだよ。俺がポーグスを抜けたあと、全ておしまいになっちゃったけど。ただじっと座っていて曲は書けないんだよ。つまり、そういう賭けのようなことを俺はやったんだ!‘I'LL BE YOUR HANDBAG’(*3)みたいな (笑) 。誰かが、俺がそんなタイトルを使うんじゃないかって賭けてたんだよ。」

 「あるドイツ人にこう尋ねられたことを覚えている。『‘TURKEY SONG’っていうダムドの曲、知ってますか?』俺が、『何だって?』って聞き返したら、『ダムドの曲で‘TURKEY SONG’っていうのがあるんです、知ってますか?』(*4) そこで俺はこりゃすごいなって思って、‘TURKISH SONG OF THE DAMNED’「ターキッシュ・ソング」を作り、ブズーキやなんかでプレイして回った。俺はギリシャやトルコに行ったことあったしね。テリーとジェムは、東欧音楽とアイリッシュをミックスした独特のサウンドを使ったんだ。」

 「もうひとつの例が、「ララバイ・オブ・ロンドン」。家族ではじめてティペラリーからロンドンに移ってきた頃、親父はパブから酔っ払って帰宅し俺の部屋に入ってきては子守唄を歌うんだ。子守唄というより、すべてうまくいくから安心しろとかなんとか話しかけたものだよ。俺の周りでは、歌や演奏が常にあって、小さい頃は、歌えない、なんてことは許されなかったんだ。できなくてもとにかくやってみることが大事ってことさ。だから俺はどんなことがあっても歌ったし、演奏もした。ただラッキーだったってことかもしれないな。つまり、バーから追い出されたと思ったら、次の瞬間、同じ場所で演奏して金がもらえるんだ。わかるだろ。才能があるのに運に恵まれない人は大勢いるよ。俺は長年、成功こそしないが、すばらしいバンドを数多く見てきた。影響を与えてくれるバンドは、いつもたくさんいるよ。ポーグスに対しての最高の褒め言葉は、”ジャンキーなダブリナーズ”だよ (笑) 。ルーク(*5)とキアラン(*6)がいた頃のオリジナル・ダブリナーズさ。俺はルークに会って話す機会はなかったけど、リアム・クランシー(*7)と同じく、俺にすごく影響を与えた人物だよ。俺がガキの頃は、すべてがビッグだった。ルークはポーグスがダブリナーズと一緒に「アイリッシュ・ローバー」を演ることになったときはすでに故人だった。ロニー(*8)が喉頭癌を患ってたとき、電話で何度が話したことがあって、そのときは元気そうだったよ。ていうか、彼のしゃべり方はいつもがんにかかってるみたいだからね!(笑) 快方に向かうと思うよ。彼はファイターさ。早く良くなるかどうかは、結局は意思の問題だと思う。ステムセル(幹細胞) 治療を受けられるのも間近じゃないかな。ジム・マッキャン(*9)の声がつぶれたのは残念だけど、死に至らなかったは幸いだよ。彼はすばらしい人だから、声が出なくなっても、そばにいて欲しいよ。彼の美声のレコーディング音源はたくさんあるんだ。ダブリナーズにはすばらしいシンガーが大勢いたよ。キアランは歌って、ホイッスルとマンドリンを演奏して、ゲール語もペラペラだった。バンドのゲーリック・ソウルとでも言おうか。ダブリナーズの25周年のライブで一緒に「アイリッシュ・ローバー」を演奏したとき、キアランは客席から立ち上がって、ゲール語で詩の朗読をしたんだ(*10)。英語も混じっていたと思うけど。あれをやったとき、彼はくたくたに疲れてたはずだよ。」

to be continued . . .


(*1) この曲は元々ケイト在籍時に制作されている。'05年にBBCで放映されたTVドキュメンタリー “THE STORY OF FAIRYTALE OF NEW YORK”でその背景とケイトが歌うオリジナル音源が確認できる。
(*2) '86 - '87年のスティッフ倒産・売却の騒ぎによりポーグスはこの2年間アルバムを制作できずにいた。だがこの時期は、テリーが加入しベースがケイトからダリルに変わった過渡期でもあり、バンドは増々パワーアップしていき、ライヴ・バンドとして最高潮に達する。'88年1月に3rd『堕ちた天使』はポーグス自ら設立したレーベル Pogue Mahone から変則リリース。当時、日本盤はビクターから発売になっている。
(*3) シェイン&ポープスのアルバム『スネーク』収録曲。
(*4) ダムドの'79年リリースのシングル‘I JUST CAN'T BE HAPPY TODAY’にシークレット(Hidden track)で収録されている曲。ちなみにナンバーは Chiswick / CHIS 120、シェインがいたニップスのシングル‘GABRIELLE’(CHIS 119)と同時リリース。
(*5) Luke Kelly 1月30日の記事参照。
(*6) (*10) Ciaran Bourke '35年生まれ。ダブリナーズのオリジナル・メンバー。'74年、脳溢血でグループを脱退。完治する事なく'88年死去。死の前年、'87年のダブリナーズの25周年トリュビュート・ショーで客席にいたキアランが立ち上がって無伴奏唄・朗読を披露。ポーグスでこのショーに出演したシェインにとって忘れられない光景であるのだろう。
(*7) Liam Clancy '35年生まれ。'50〜'60年代にアメリカで大ブレイクした元祖アイリッシュ・バラッド・グループ(トレードマークは白いアランセーター)、クランシー・ブラザースの末弟。ボブ・ディランをはじめとするアメリカのシンガーをはじめ、アイルランド系男性シンガーらに大きな影響を与えた。兄たちは既に他界しているが、リアムは今だ健在。現在は故郷アイルランド・ティペラリー在住。最近出たアンソロジーが本国でチャートインした。
(*8) Ronnie Drew '34年生まれ。ダブリナーズのオリジナル・メンバー。Luke亡き後もグループを背負って立っていた、ダブリナーズの(アイルランドの、と言っていいだろう)顔的シンガー。シェインとのデュエット「アイリッシュ・ローバー」は説明不要。'95年に脱退。その後もポープスやポーグスと何度も共演。昨年('06年)、喉頭癌と肝臓癌の疑いで入院。病状が心配されるも暮れには退院、TV出演して、酒は止めたが煙草は止められない、などと発言したらしい。
(*9) Jim McCann '44年生まれ。キアランに代わって'74年にダブリナーズに加入。'79年まで在籍。'80年代からはソロで数々のヒットを飛ばす。'90年代には度々日本ツアーを行う。'00年代は体調の悪化により活動が停滞。ルークのDVD(1月30日の記事参照)にコメンテーターとして出演しているが、シェインが述べているとおり、喋りには喉の不調が痛々しく感じられる。
 ダブリナーズやクランシー・ブラザーズについてはいずれまた詳しく書きます。
* 注 Chihon(Yas Hoshino)
[PR]

by chihon | 2007-02-12 22:15 | Shane MacGowan
2007年 02月 01日

Shane MacGowan Interview - part 3

めったに会えない男 ― シェイン・マガゥワン インタビュー
at 2006年クリスマス
(パート3)

Source of the material : Paddy Rolling Stone
Copyright : Martin Roddy, January 2007
Thanks to Ingrid Knetsch
無断転載厳禁 転載の際は必ず許諾をとってください。

 先に触れたように、トミーの死はあまりにも痛ましく、ポープスのライブを観たり、ライブのあと実際に彼に会ったことのあるファンにとって、とても悲しいニュースだった。トミーはすばらしい人物で、才能とセンスを兼ね備え、業界の中でとても評価が高かった。シェインが、バンド仲間だったトミーについて、次のように賛辞を呈している。

 「トミーは個人的に沢山の問題を抱えていたけど、俺がとやかく言える筋合いじゃない。たとえば幼いときに両親を亡くしたとかね。彼は、バーニー・マッケンナ(*1)と並んで、俺がいままで一緒にプレイした中で、いちばんすばらしいバンジョー・プレイヤーだったよ。(ポーグスの)ジェムはちょっとタイプが違うな。トミーは間違いなくすごくいいヤツで、いつもすばらしかったよ。でもそれには感情的な代償が大きかったってわけだ。ああいう天才には犠牲がつきものとでも言おうか、とにかく大酒飲みだったからね! トミーは一時、しばらく休養をとって健康になる努力をしてたんだ。俺はライブ活動を続けたかったから、また誰かが死ぬなんてことは起こって欲しくなかった。俺たちはみんなで、また一緒にやろうって決めて、トミーの体調が良くなるまでは会わないことにした。俺にとってもバンドのメンバーにとっても、それは実際うまくいってたんだ。だが、結局バンドは活動を休止してしまい、その頃のトミーの具合はすでにかなり悪くなってた。トミーにとっては一時的な休養のはずで、自分からバンドを抜けたわけでも、バンドが彼を追い出したわけでもなかったのに。トミーは、バンジョー関係では、疑いなくテリー・ウッズと同じカテゴリーに入るな(*2)。テリーは天来のミュージシャンだよ。要は、長年にわたって途中で脱落する人間が大勢いたってことだよ。なにせツアーはヘビーだし、その他もろもろあって、いやな仕事だからね。でも、トミーはいつもいい演奏をしたし、文句なくすばらしかった。人間としてもすばらしヤツだった。なのに、ツアーから遠ざかっても、良い方向に向わなかったのは残念でならない。」

to be continued . . .


(*1) アイルランド音楽にバンジョーを広めた重要なミュージシャンのひとり。'60年代初頭、チーフタンズを経てダブリナーズに参加。ポーグスとの「アイリッシュ・ローバー」他、ロリー・ギャラガーやホットハウス・フラワーズ等との共演作品が有名。シェインのソロ・アルバムにもトミーやジェムと共に参加している。
(*2) テリーやバーニーの'60年代当時は革新的と言われた変則チューニングをトミーはうまく応用していた。バンジョーを用いたバラッドがイマイチ受け入れられていない日本では、ブズーキをアイルランド音楽に取り入れたアンディ・アーヴァインやドーナル・ラニーが有名。40年以上の活動歴をもつ、現在でも第一線で活躍中の重鎮たちだ。
* 注 Chihon(Yas Hoshino)
[PR]

by chihon | 2007-02-01 00:39 | Shane MacGowan