The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 28日

DM Bob & Country Jem Germany tour photos !

d0084437_15491082.jpg

d0084437_15493053.jpg
d0084437_15501493.jpg
d0084437_15495311.jpg

d0084437_1550289.jpg

Thanks for these photos with approval Alex !

[PR]

by chihon | 2006-11-28 16:09 | Jem Finer
2006年 11月 27日

Prenup

 噂のニュー・プロジェクト遂に始動か!?

 Fiachna O' Braonain and Dave Clarke of the Hothouse Flowers met up with Cait O' Riordan of the Pogues . . . their debut album “HELL TO PAY” it's due for release in 2007 and those in the know can't wait . . .
d0084437_1659156.jpg


 ホットハウス・フラワーズのフィアクナ、デイヴと元ポーグスのケイトのユニットPrenupがアルバム・デビューするらしいです。


d0084437_16593251.jpg


 ケイトとフィアクナに関しては説明不要でしょう。デイヴはブルー・イン・ヘヴンやブラック・ヴェルヴェット・バンドで活躍した名ドラマーで、現在はフラワーズの正式ドラマーです。
[PR]

by chihon | 2006-11-27 17:40 | Cait O'Riordan
2006年 11月 22日

THE STORY OF THE POGUES by Carol Clerk 洋書購入

d0084437_2262586.jpg

こんな感じ


d0084437_2264296.jpg

このくらいの大きさ、447ページ、ハードカバー


d0084437_2265684.jpg

900グラム


 想像以上のヴォリュームでまいった〜て感じ。写真もある事はあるけど(去年のフジのバックステージ写真あり)文章量がハンパではない。読破はいつの事になるやら . . . . ちなみにココで買いました (^_-)
[PR]

by chihon | 2006-11-22 00:31 | Pogues
2006年 11月 21日

Radiators new album : TROUBLE PILGRIM

 音だけは来日した時フィルから頂いてずっと聴いてました。ようやく完成盤を入手しましたので紹介します。
 レコーディングは去年のポーグスの来日公演が終わった頃から始って、今年の夏まで約1年間アイルランドで行われました。全て新曲で14曲収録、フィルとオリジナル・メンバー、ピート・ホリディそれぞれ7曲書いてます。実に27年ぶりのサード・アルバムです。このアルバムが今後どう受け入れられるかはまだわかりませんが、どの曲もよく練られていて聴きごたえがあるのは確かです。セカンド『ゴーストタウン』で感じられたヨーロッパっぽさはあまり感じられず、骨太というか、ルーツ回帰というか、例えればキンクスとかTレックスみたい。ヴォーカルもいいし、フィル&ピートのギターワークもいい。そしてもうひとりのオリジナル・ヴォーカリスト、スティーヴ・ラピッド(現在はU2のデザイナー)がキーボードで絡んでいます。アイルランドのプレスでは概ね好評のようです。フィルやピートも作品の出来具合に満足、というか手応えを感じた、と言ってます。
 フィルはポーグスを辞めた94年頃から一切酒を断ち創作活動を継続・続行していて、断言しますがポーグスのメンバーの中で一番ミュージシャンシップが感じられます。酒が創作活動の妨げになる場合もあるようです。ライヴで「セイリング〜」を唄う姿からを何かを感じたなら聴いて損は無いです。9月3日の記事に歌詞の試訳あり。

d0084437_1391532.jpg

初回限定盤はアウターケース入りで‘THE SUMMER SEASON EP’(4曲入) 封入


d0084437_138513.jpg

開くとこんな感じ


 今のところアイルランドのみのリリース。調べたところ日本からオンラインで買えるのは Tower Records IrelandRoad Records Dublin です。

[PR]

by chihon | 2006-11-21 01:54 | Philip Chevron
2006年 11月 15日

Shane MacGowan Net

"THE POGUES" Live at "Shibuya-AX" Tokyo October 2006
on Shane MacGowan Net, photos by Sean Fay

 シェインのサイトのウェブマスターのショーンからAX(とりあえず10/5の分)の写真をアップしたと連絡をもらいました。他の日の写真も随時アップしていくそうです。ショーンはポーグスのツアーにオフィシャル・カメラマンとして同行しています。
[PR]

by chihon | 2006-11-15 17:14 | Pogues
2006年 11月 14日

ラスベガスにて

d0084437_2352768.jpg

Brendan Bowyer (centre) with Philip Chevron (left) and Shane
MacGowan (right) of the Pogues after show at House of Blues, Las Vegas on 14 October.

copyright photos with approval of Sean Fay, Shane MacGowan Net

[PR]

by chihon | 2006-11-14 02:29
2006年 11月 13日

Happy Birthday

d0084437_273621.jpgAndrew Ranken is 53 today
[PR]

by chihon | 2006-11-13 23:29 | Andrew Ranken
2006年 11月 11日

Siobhan MacGowan

 シェイン・マガゥワンの妹というだけで話題を呼んだシンガーのデビュー作。全曲が彼女のオリジナルで、全体に流れる暗いトーンにマリアンヌ・フェイスフルやメアリー・コクランの影が感じられる。ダブル・ベースに重点を置いたリズム・アレンジが巧妙で、サウンド・プロダクションは全編よく練られ、暗く沈みがちなイメージをうまく包み込んでいる。賛美歌風に歌われる数曲で稀な才能を発揮、感動的に聴かせてくれる。〜 アイリッシュ・ミュージック・ディスク・ガイド(音楽之友社)より抜粋 (^_-)


d0084437_16275184.jpg
CD Siobhan MacGowan : CHARIOT, 1998 (MURGATROID / MURCD 06)
[PR]

by chihon | 2006-11-11 17:12
2006年 11月 11日

The Popes

 ポープスのソロ・アルバムです。シェインのバック・バンドと思われていましたが、シェイン抜きでもライヴを演っていました。もしこのバンドが無かったらシェインのソロ活動も無かっただろうと思います。必然的に出た感じのアルバムで、シェインは1曲だけ曲提供兼プロデュース兼ゲスト・ボーカル、他は全てポープスのオリジナル曲です。ボーカル&ギター兼リーダーのポール "Mad Dog" マクギネスの活動歴は古く、1980年代初頭、アイルランドでU2と人気を二分していたDC NIENというグループにいて(メンバーにはあのジョーイ・キャッシュマンもいた)、その後ジョーイと共にTokyo Olympicsというグループを結成。やがて二人はポーグスのツアー・マネージャー、ローディ、影武者ミュージシャンをやるようになったのです。あらためて聴きなおしてみて演奏力やパワーはさることながら、シェインは本当に良いミュージシャンやスタッフ達に囲まれていると思いました。ポールがしばらく懲役だったので活動停止してましたが、もう出所していて活動再開だそうです。

d0084437_1541838.jpg
CD The Popes : HOLLOWAY BOULEVARD, 2000 (Snapper Music / SMACD826) オリジナル盤


d0084437_1541297.jpg
2CD The Popes : RELEASE THE BEAST, 2004 (Snapper Music / SMDCD465) ライヴ盤追加の2枚組再発盤
[PR]

by chihon | 2006-11-11 16:51
2006年 11月 09日

BLOODY SUNDAY

d0084437_20162076.jpg
 遅ればせながら最近になってようやくDVDを買って観た映画を紹介します。John Lennon、Stiff Little Fingers、U2、等の曲でご存じかと思います。1972年1月30日北アイルランド、デリーで起きた『血の日曜日事件』のドキュメンタリー的な映画です。02年に映画化され、ベルリン国際映画祭では、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』と共に金熊賞を受賞、サンダンス映画祭ではグランプリを受賞。日本では劇場公開されずにWOWOWで放送されただけでDVD発売になっています。主演は「ウェイクアップ!ネッド」、「GO NOW」等に出ていたジェームズ・ネスビット。プロテスタントでありながらカトリック系住民の公民権実現のために尽力するアイバン・クーパー下院議員を演じています。
 僕の場合、ジョンやSLFやU2の曲でこの事件の事を知り、90年代はアイルランドへ足げく通っていてデリーにも行った事があり、北アイルランド出身のミュージシャン達と仕事をしていた時期もあったりしたんですけど、そうじゃなくてもアイルランドに興味を持ちポーグスを聴いていれば、宗教がらみのないある意味平和な日本に生まれ育ち住みながらも、アイルランドのカトリック/プロテスタントの問題的背景は嫌でも耳に入ってくるんです。それに対して出来る事は、今のところそういったテーマの曲を聴き歌詞を理解し、映画を観、本を読む事ぐらいです。
 照明無し、クレーンやドーリー無しのハンドカメラだけでの撮影、有名な俳優より実際のデリー市民や元イギリス軍兵士をキャスティングした、あまりにもリアルな映画でした。興味があれば観てみてください。

DVD ブラディ・サンデー(パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン / 廉価版)
[PR]

by chihon | 2006-11-09 01:46 | NORTHERN IRELAND