The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Cait O'Riordan( 9 )


2010年 06月 13日

Shane MacGowan Cait O'Riordan(ex : Pogues) 久々に共演

 アイルランドで先日行われたフラット・レイク・フェスティバルにシェインがマンディとのユニットで出演、ケイトがベースで参加した。シェインとケイトの共演は2004年のポーグスのツアー(ケイトがゲスト・ボーカルで参加)以来約6年ぶり。ケイトがシェインの後ろでベースを弾くのは1986年の脱退以来24年ぶり。ポープス時代のレパートリーを中心に10曲ほど演ったという。
[PR]

by chihon | 2010-06-13 23:24 | Cait O'Riordan
2008年 05月 15日

Prenup on TV

 RTEのThe Viewのサイトでケイト参加のPrenupのスタジオ・ライヴが1曲だけ観れます。Week Archiveが13 May 2008、一番下の欄のWatch the clipをクリック。要RealPlayer。

 直リンクはココ
[PR]

by chihon | 2008-05-15 00:05 | Cait O'Riordan
2008年 04月 23日

Life after rehab / Cait O'Riordan (2nd half)

リハビリ後の人生 / ケイト・オリオーダン (後編)

 昨年ケイトは、自分自身の価値を強化するために友達を作ったり、人間関係を維持する取り組みを始めた。また、弟と彼の4人の子供たちとも連絡を取り合っている。

「とてもうまく行っているわ」「楽天家になったのよ」

 おそらくそれは、16歳で家族の元を離れてからずっとそうだったように、ケイト自身、自分を守るために殻に閉じこもっていたという暗示なのだろう。コステロが2003年にカナダ人シンガー、ダイアナ・クロールと結婚したときは、寝耳に水だったようだ。

「完全に自分自身を切り離したわ」

 16年連れ添った元夫は、イングランド・サリー州にあるエルトン・ジョンの邸宅で、出席者にポール・マッカートニー他を迎え、結婚式を挙げた。

「彼が出て行ったとき、すべてが終わったわ。契約終了よ。私に対する興味がなくなったってこと」

 そうやって自分自身を守ってきたの?

「そうよ。自分の家族に対してと同じやり方でね。バンドも、元夫も、昔のボーイフレンドも。他にうまい方法を知らないから、実際対処なんてしなかったわ」

 自分自身を『落ち込んだアルコール中毒者』とか、ダブリンに住んでいる『セックス・アンド・ザ・シティのサマンサみたい』だと言いながら大声で笑う女性に、僕はいまだかつて出会ったことがない。

「ここ2、3年は、ナイトクラブにいる本物の妖婦だったのよ」そう言って彼女はくすくす笑った。

 ケイトは2003年に鬱病と診断された。彼女は非常に具合が悪かった。体重も激減し、不眠に陥った。ロンドンの医者に診てもらったところ、すぐに修道院病院に送られた。1週間後、担当の精神科医は、彼女が明らかに長年鬱病を患っていたと診断し、本格的な治療を開始した。

「ええ、治療の効果はあったわ。でも振り返ってみると、とても分裂していたわ。なぜって、私がいままで生き延びてこられたのは、いわゆる重大局面があったからなの。飢餓状態とか不眠とかではないけれど。当時入院中は飲酒の治療はなかったわ。そっちの方の治療は昨年やったの」

 鬱病ともアルコール中毒とも無縁になって、父親の死に対して動揺しなかったのが不思議だと考えている。

「でも、セラピストによると、乗り越えられると思ったことしか乗り越えられないんですって」

 ケイトによると、彼女の父親はエルヴィス・プレスリーやジョニー・キャッシュ、カントリー・ミュージックにハマっていたという。

「いつも言っていたわ。俺はダブリン初のテディ・ボーイなんだって」

 彼女の母親はエディンバラ郊外の出身だが、イヤな思い出しか残っていないそうだ。しつこく頼んだが、ついにケイトの口から母親の名前を聞き出すことはできなかった。

 ケイトは多くの困難を経験し、そこから抜け出し、痛手を受けてきたが、一方賢くもあった。地獄から這い上がってきた多くの人々がそうであったように、彼女は自分自身の勇気と努力をすぐに認めようとはしない。

「私は本当にたくさんの助けをもらったわ」
「お金がなかったらいままでどうやって生きられたのかわからない。誰しも自分ひとりだけでやれるとは思わないわ。私だってそうよ。もしお金がなかったら、いいお医者さんにも診てもらえなかったもの」

「すごく具合が悪かったとき、アイルランドでお医者さんのところに行って、睡眠薬を処方してもらったけど、とてもばかげていると思った。それで、10代の頃からお世話になっているロンドンのかかりつけのお医者さんを訪ねたら、即座にこう言ったの。『なんてこった、すぐに入院が必要だ』 でも、アイルランドのお医者さんは睡眠薬をくれただけよ」

「ロンドンで入院したのは精神科の病院よ。先生が退院して大丈夫って判断するまで入院するの。私は入院患者として3ヵ月間入院して、その後の3ヵ月は外来診療を受けたの」

 ケイトに会って、彼女の身長(5フィート10インチ=約178cm。「両親はふたりとも巨人だったから」)以外で気づくこと、それは彼女がいつも微笑んでいる、ということだ。

「微笑んでいて背が高い、それってプロザック(睡眠薬)よりいいことでしょ」

 彼女が無人島に持って行きたい3枚のレコードは、エルボーの『フュージティヴ・モーテル』(孤独と混乱の中に美を見出している)、ポーグスの『レイニー・ナイト・イン・ソーホー』(シェイン書いた中で、もっとも偽りがなく、ストレートで美しい曲)、そしてルイ・アームストロングの『この素晴らしき世界』(曇り空を明るくする曲)、だそうだ。自分の葬儀のときは、ウィーン生まれのバリトン歌手、ヴォルフガング・ホルツマイアーにシューベルトの『音楽に寄せて』を歌ってもらいたいという。

「準備は万端なの」「ヴォルフガングの都合がつかなかったら、トム・ウェイツに『夢見る頃はいつも』を歌ってもらいたいわ」

 いままで恋したことはある?

「いいえ・・・まだよ」

 コステロに恋してなかったの? エルヴィス・コステロに恋したのに、目が覚めたらデクラン・マクマナス(コステロの本名)だったとか、そういうこと?

「そんなんじゃないわ。私はとても若かったし。いままでの人生で誰からも愛されたことがなかったのに、突然彼が現れて、愛情を示してくれて、やさしくて、私に興味を持ってくれたのよ。素敵だったわ」

 じゃあ、何がいけなかったんだい?

「それは彼に聞いてちょうだい。私が彼を棄てたんじゃないんだから。彼のほうから出て行ったのよ。だから、なぜうまくいかなかったのか私にはわからないの」

 要はこういうことだろ、コステロは君が持っていなかったものをすべて与えた。なぜ君は彼が与えたその愛を受け止め、抱きしめなかったんだ? たとえそれが君にとって異質なものであっても、退けたりせずに。

「たしかに、私にはどうしていいのかわからなかったのよ」
「私には、愛された経験がなかったから、どう応えていいのかわからなかったの。だから、愛情が完全に無駄になってしまったというわけ。でも、セラピーを受けるまで、それに気づかなかったの」

 一方のコステロについては

「二人がうまく行かないってわかったから、出て行ったのよ」

 ケイトが最後にコステロに会ったのは、2002年の暮れだそうだ。1986年5月17日に二人が結婚した、という報道を彼女は否定した。

「みんなはコステロに取りつかれているのよ。私は克服したわ。努力すれば克服できるわよ」
「結婚はしてなかったのよ」
「イスラム教の『お前との関係は解消する』みたいなものだったの」すごく簡単な終わり方で、紙の上でも結
婚の証拠もなく、子供もいない。「もし誰かがあなたに向かって、私みたいに、もうこれっきりだって言われたら、ただ『分かった』って言って、そこから立ち去って、後ろを振り返らなければいいのよ」

d0084437_2332626.jpg


Independent
[PR]

by chihon | 2008-04-23 00:03 | Cait O'Riordan
2008年 04月 08日

Life after rehab / Cait O'Riordan (1st half)

 昨年秋にアメリカのみでリリースされた Prenup のアルバム HELL TO PAY が、この春アイルランドをはじめヨーロッパでもリリースが決まったようで、その関係でケイトが各メディアに登場しています。インディペンデント誌に興味深いインタビューがあったのでかいつまんで抜き出しします。先のホットプレス誌のインタビュー企画とは対照的に、こちらはやや重めでヴォリュームある内容です。インタビュアーはバリー・イーガン、ケイトと同じフィットネス・クラブに通っているそうです。

リハビリ後の人生 / ケイト・オリオーダン (前編)

 自分が鬱なのか、アルコール中毒なのかもわからなかった。ケイトは修道院で専門家に診てもらうまで自分の本当の正体がわからなかった。専門家によると、彼女は成人してからずっと鬱が進行していたというのだ。「ただし」と、彼女は付け加える。

「私はその病気と折り合いをつけてはいないの」
「アルコホーリクス・アノニマスの会合にはいやというほど出席したわ。参加者たちは恐ろしいことばかり言うのよ。15年間禁酒してきたのに、また飲み始めてしまったとか。だから、自信を持ってこういう発言はできないの」

 いま彼女の人生の中で中核をなしていること、それは、お酒を一切口にしないこと、そして誰も傷つけないこと。
 43歳の現在、ケイトはダブリン大学で芸術コースを受講している。音楽活動について、


「プリナップでプレイするのはとっても楽しいわ」と言い、
「中年のロックンロール、ストーンズみたいで、大人で、くさりきってる」雰囲気を持っていると表現した。
「プリナップの曲は、深く傷ついた恋愛関係について書かれてるの」

 傷ついた恋愛関係のことなら、彼女は他の誰よりもよく知っているはずだ。

 ロンドンでの青春時代、アイルランド出身で石油会社に勤めていた父親は、北西アフリカのモーリタニアやペルシア湾岸諸国などに行っていて、ほとんど家にいることはなかった。ケイトの記憶によれば、父親はいつも「よそにいた」のだ。スコットランド出身の母親は、4人の子供の面倒をみるため、いつも家にいた。父親不在でまっとうに成長することが大変だったかどうか聞いてみた。

「母は、たしかまだ健在だと思うわ・・・ 20年も会ってないけど」と言った。「だから、母についてコメントするのはフェアじゃないと思うのよ」

 ケイトの両親の関係は彼女にとって大問題だった。ふたりの関係がケイトの人生に影響を与えていたのだ。兄、妹そして弟との関係も複雑だ。

「兄は死んだわ」「病気で・・・ 心臓発作よ。39歳だった」

 兄との関係はよかったかしつこく聞いたところ、ケイトは首を横に振ってこう言った。

「家族の中で、私が唯一連絡を取っているのは弟だけよ」

それはなぜなのか尋ねたところ、彼女の家族は「愛情に満ちた」家族ではなかったのだと言った。

「誰彼かまわず付き合うことはできないでしょ。でも、弟だけは別なの。だからずっと連絡を取り合ってる。彼は私と同じで音楽が好きだし、共通点もたくさんある。だから連絡するの」

 10代半ばの事、放課後になると地下鉄でロンドン中心部へと繰り出し、レコードショップをうろついたものだった。その中でロックス・オフという、当時シェイン・マガゥワンが働いていた、お気に入りのお店があった。シェインと出会い友情を育んだ当時のケイトは、ソーホーにあるホステルに住んでいた。合法的に独立できる年齢である16歳になるや、すぐに家を出たのだった。ロンドン中のホステルを転々とする生活は、「緊張とストレスの連続だった」とケイトは回想している。17歳でポーグスに加わったころのケイトは、毎晩ホステルで泊まったり、「いろいろな所の床」で寝ていた。

「他のみんなが間違っていて、私だけがすべて正しいんだって思い込んでたわ」

 ケイトによると、母親は彼女を決して連れ戻そうとはしなかったという。

「一度もなかったわ。きっと、私が出て行ってホッとしたんでしょうね」

 ケイトが最後に母親に会ったのは1990年である。

「父親なしで成長したから、おとぎ話みたいな考えを抱いてしまうのよ」

 そう言って、彼女はせつなそうに笑った。ケイト・オリオーダンと話していると、彼女の笑顔の裏に、失われたもの ー 子供時代、家族、父親、エルヴィス・コステロ、幸福な生活 — に対する後悔の念を感じざるを得ない。

 彼女の父親は1998年に亡くなっている。お父さんが亡くなった時、どう思った?

「何も感じなかったわ。本当に何も。あぁ、いま思えば、大事な人間関係をすべて失ったんだって、とっても悲しいけど、当時は、『それが何だって言うの?』くらいにしか感じなかったわ。ひどいわよね。今じゃ、すごく冷たいように聞こえるわよね、でも・・・」

 ケイトが最後にアルコールを口にしたのは、2007年2月14日だ。

「そう、バレンタインデーよ」
「でも私はロマンチストじゃないわ。だって、そのように育てられなかったから」

 傍から見れば、ケイトとエルヴィス・コステロの16年間の結婚生活はロマンチックに思える。

「傍から見たら、そうだったのかも・・・」

「彼がこの場にいないから、彼の動機について話すつもりはないわ。でも、私の長年の振舞いを容認できるひとがいても驚かないわ。いま言えるのはそれくらいかしら」

ケイトは自分自身を責めていないのだろうか?

「責めているんじゃなくて、責任を取っているのよ。眼を見開いてしっかり物事を捉えようとしているの。この場で自分自身で語ることができない人を対象から外すために」

とは、暗にコステロのことを言いたいのだろう。

「私は自分自身を罰するために他人を利用してきたわ。私たちは、後ろ向きの理由で、ネガティブな人間を自分たちの人生に招き入れたのよ」

それだと、ただ単に自己嫌悪を助長していることにならないかな?

「そうね、あなたは落ち込んだアルコール中毒者に話しているんですもの!」 彼女は大声で笑った。
「だから、そう、そこには自己嫌悪の要素があるってことなのよ」

d0084437_2324860.jpg

[PR]

by chihon | 2008-04-08 23:14 | Cait O'Riordan
2008年 04月 03日

At Home with Cait O'Riordan

d0084437_2111595.jpg ホットプレスのページAt Home with . . . . 最新号にケイトが登場。住み始めて4年になるというダブリンの自宅(ベッドルーム3つ)を公開。禁酒開始1年、ジムやトレーニング、そしてボクシング・・・ 047.gif と健康生活ぶりを披露。料理やDIYにまで話はおよび、企画の編集スタンスよろしく、有名女性芸能人によくある内容。この家からダブリン中心部まで徒歩30分。ケイトはよく散歩をするという。ダブリンの街での散歩中の日常やハプニングを、ロンドンでは決して起こらないであろうエピソードとして語ってる部分に共感。住んでるエリアもほぼ特定できてしまいました 028.gif


d0084437_21184311.jpgd0084437_21185880.jpg


At Home with Shane MacGowan
Hot Press(有料サイト)
[PR]

by chihon | 2008-04-03 21:21 | Cait O'Riordan
2007年 09月 26日

Prenup : HELL TO PAY

d0084437_05425.jpg 遂に出ました、かねてから噂のCait O' Riordan(ex Pogues)とFiachna O' Braonain & Dave Clarke(from Hothouse Flowers)からなる3人組ユニット、Prenupの初のアルバム(USオンリー)。
 フィアクナ&デイヴはアイリッシュ・ロックのシーンでの活動歴は古く、息の長い活動をしている。ケイトはエルヴィス・コステロと離婚後、ポーグスに復帰したり、ラジエーターズに参加したり、またTVや雑誌などメディア方面でも活躍中。そんな3人が何かのパーティでのセッションがキッカケでそのまま活動を始めてしまったという、よくワケのわからんグループ。で、どんな感じなのかとCDを聴いてみると、やる気があるんだか無いんだか分からない気怠い感じのフィアクナの唄声に、時折ケイトの艶っぽいコーラスが絡む。音の感じは3ピースのシンプルさがありながらもズシリ、と重たい。リーダーシップとってるのがアメリカのフォーク/ルーツ系の人達とのセッション豊富なフィアクナだからか、オールド・タイミンな渋い感じに仕上がっていた。音圧の関係もあるだろうが、もうチョイ軽めな唄と演奏でもいいんじゃない?
[PR]

by chihon | 2007-09-26 00:10 | Cait O'Riordan
2007年 01月 04日

Happy Birthday

d0084437_23211483.jpgd0084437_232127100.jpgCait O'Riordan
[PR]

by chihon | 2007-01-04 00:11 | Cait O'Riordan
2006年 11月 27日

Prenup

 噂のニュー・プロジェクト遂に始動か!?

 Fiachna O' Braonain and Dave Clarke of the Hothouse Flowers met up with Cait O' Riordan of the Pogues . . . their debut album “HELL TO PAY” it's due for release in 2007 and those in the know can't wait . . .
d0084437_1659156.jpg


 ホットハウス・フラワーズのフィアクナ、デイヴと元ポーグスのケイトのユニットPrenupがアルバム・デビューするらしいです。


d0084437_16593251.jpg


 ケイトとフィアクナに関しては説明不要でしょう。デイヴはブルー・イン・ヘヴンやブラック・ヴェルヴェット・バンドで活躍した名ドラマーで、現在はフラワーズの正式ドラマーです。
[PR]

by chihon | 2006-11-27 17:40 | Cait O'Riordan
2006年 09月 12日

Pride of the Cross

 ケイトがボーカル、ダリルがベースのユニットです。1985年、唯一のシングル・リリース。プロデュースはPhil Gaston(シェインのいたニップスのマネージャーでもあり、『堕ちた天使の詩』にもコメント出演しています)、曲もPhil作です。内容はジャズ、といってもいいでしょう。ケイトの女トムウェイツ的な雰囲気がたまりません。この後ポーグスのベーシストがケイトからダリルへチェンジ、ケイトはエルヴィス・コステロと結婚し引退したのはよく知られています。
 ケイトは2002年にコステロと離婚、ラジエーターズの再結成に加わりましたが現在は脱退しソロ活動を画索中との事。また、ケイトは04年12月のポーグスのツアー全公演にゲスト出演、「ガンマン・スチュワート」、「ブラウン・アイの男」、「ニューヨークの夢」等を唄い話題になりました。このステージを生で観ましたがホント〜にケイトの登場は鳥肌モンでした。

d0084437_1204575.jpg
Pride of the Cross : TOMMY'S BLUE VALENTINE / BLACK COFFEE, 1985 (Bigbeat / 7" : NS 106 / 12" : NST 106)
[PR]

by chihon | 2006-09-12 01:23 | Cait O'Riordan