The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Philip Chevron( 68 )


2017年 01月 06日

クリスティン・ライアン永眠

 フィリップ・シェヴロン(本名 ライアン、2013年没)の母親、クリスティンがダブリンにて永眠されました。81歳でした。昨年(2016年)から体調を崩し入院、療養生活を送っていました。大晦日に容態が急変、危篤となり、元旦のシェインのお母様の事故死をはさんだ3日、現地時間午前中に帰らぬ人となってしまいました。

 夫婦でレストランを経営しながら一男一女を授かり育て上げました(父親は1997年に他界)。何度かお目にかかった事がありますが貴婦人的な印象のあるお方でした。ダブリンで息子フィリップのトリビュートが行われた時、無理に車椅子から立ち上がり歩こうとするフィリップを手助けしながらずっと付き添っていた姿が忘れられません。

d0084437_1305355.jpg

◆2015年5月アイルランド同性結婚合法化国民投票の時の投票所で・・・
 
 カトリックの国アイルランドでは同性愛者には偏見と差別が長年の間あったそうです。フィリップは19歳でラジエーターズ・フロム・スペースのデビューを期にイギリスへ渡った後、50代になってからの末期ガン療養まで(ツアーやレコーディング等の仕事以外では)アイルランドへ戻る事はありませんでした。ミュージシャンとして成功しても、周りのアイリッシュ(や音楽界)に同性愛者がいても、病に倒れるまで故郷に住む事はありませんでした。年代的にカトリック信仰の強い母親とは疎遠だったようです。生涯独身で、看病を頼る身のないまま故郷へ戻った末期ガンの息子を母親は渾身的に看病し最期を看とったそうです。思春期の頃に同性愛にめざめ生涯それを築いた息子を亡くした母親は、YES(同性結婚合法化賛成)と投票しました。
[PR]

by chihon | 2017-01-06 13:10 | Philip Chevron
2015年 12月 17日

Trouble Pilgrims : INSTANT POLAROID

 新曲(今年ベーシストが交代した)で、ギターのトニー・レジャーの曲(リードヴォーカルも)。前作では亡きフィリップ・シェヴロンの幻影が散らついていたがこの新曲では拭い去れている。トニーはダブリンの音楽/映像クリエーターでもあり、あのビリー・トレーシーの‘テンプル・バー’のクリップも撮っている。フィリップの後任といった類で加入したのだがバンドに合ったイイ曲をかいたなって思う。

d0084437_2334353.jpg
◆ジャケットはメンバーが幼少の頃に父親と写ってるポラロイド写真が使われている。場所がダブリンのオコンネル橋だからか、サブタイトルが The Man on the Bridge ってなっている。
iTunes bandcamp


◆12月6日ブームタウン・ラッツのライヴのオープニングで出演した時の映像。ラジエーターズのファースト『TV チューヴ・ハート』の全曲再演をしたあと最後にこの新曲を演った・・・
[PR]

by chihon | 2015-12-17 23:50 | Philip Chevron
2014年 12月 10日

フィリップ・シェヴロンのお墓参り

 ダブリン・エアポートに隣接するダーディスタウン・セメタリー。広大な感じはするが実際にはそんなに広くはない。こじんまりとしたオフィス兼フラワーショップではティーやホットチョコレートを買う事もできる。
d0084437_2127308.jpg



 ゲートから離れた区画にお参りに行くには車があれば便利かもしれないが、ゲートから普通に歩ける区画にお父様とご一緒に埋葬されている。
d0084437_21274430.jpg



 ダーディスタウンはフィリップのご実家がある場所でもあるサントリー地区にある。空を見るとひっきりなしに飛行機が飛んでいる。フィリップはそんな空の下で生まれ育ち、そして眠っている。
d0084437_2128088.jpg

[PR]

by chihon | 2014-12-10 11:16 | Philip Chevron
2014年 12月 08日

CHEVRON LIVES ハイライト(後編)

CHEVRON LIVES : A Tribute to Philip Chevron at the Sugar Club, Dublin. November 23 (2/2)

 日本では映画「ザ・コミットメンツ」の原作者として知られてるアイルランド屈指の作家ロディ・ドイルが友情出演、20分のポエトリーリーディング。

d0084437_19262564.jpg
■フィリップと親好があったイングランドの有名な元サッカー選手スチュアート・ピアース(現在はフィリップが長年暮らしたノッティンガムが本拠地のノッティンガム・フォレストFC監督)からのメッセージも朗読された・・・


 トリはトラブル・ピルグリムス。レパートリーはカヴァー曲を除けばほとんどフィリップの曲。ラジエーターズから改名してからは初演の4.はアンプラグドヴァージョンで感動を呼んだ。フィリップの代表的バラード5.からケイトがリードヴォーカルの6.あたりの流れがリスペクト感を強く感じさせ、時折フィリップの幻影のようなものが見えた。

d0084437_19265380.jpg
◆セットリスト。7曲目に‘Television Screen’が演奏され計10曲約50分。

d0084437_19273070.jpg
■フィナーレにリードヴォーカルでレイモンド・ミード、コーラスでケイト・オリオーダンとラス・ヴィンセントが参加し「セイリング」を熱演。言うまでもなく大喝采を浴びた・・・


 昨年夏に行われたアイルランドのトップミュージシャン総出演のトリビュートライヴからみるとスケール感が小さく、作家のロディ・ドイルとジョセフ・オコナーを除けば出演ミュージシャンに有名人はいない、と言えるかもしれない。しかし、結果的にはそれが良かった。(たとえばシェインのような)有名ミュージシャンが出演するとイベント全体の雰囲気が変わってしまっただろうな、という気がした。

d0084437_1928630.jpg
◆チケット価格は12ユーロ(約1800円)、エージェントは通さず会場ウェブ・窓口前売と当日券で販売。会場経費を除いた全売上げ約2000ユーロ(約30万円)がフィリップが療養していたガン患者療養施設である聖フランシス・ホスピスに寄付された。来年もCHEVRON LIVES 2015として開催が内定している。

◆筆者撮影
■Thanks for the pic John Ward 写真はカメラマンのジョン・ワード氏から拝借しました
[PR]

by chihon | 2014-12-08 13:48 | Philip Chevron
2014年 12月 05日

CHEVRON LIVES ハイライト(前編)

CHEVRON LIVES : A Tribute to Philip Chevron at the Sugar Club, Dublin. November 23 (1/2)

 11月23日に行われたフィリップ・シェヴロンの追悼ライヴ。会場はダブリンのザ・シュガー・クラブというライヴヴェニュー。元は映画館だったため客席には段差があって、客席最後部は高い位置でバーになっている。昨年夏に行われたトリビュートイヴェントも本人の意向でチャリティだったのと同様今回もチャリティ。大々的な宣伝はされなかったが、インターネット上の他、出演者がテレビ・ラジオに出演し告知したり新聞などでも紹介され多くの観客が集まり、開場前には熱心なファンの列も見られた。

d0084437_19165355.jpg
▲当日のインターネット上での告知画像

d0084437_19172610.jpg
◆会場外壁のスケジュール告知


 前半に登場したラース・ヴィンセントはダブリンで活動しているシンガー・ソングライター。ザ・ポーグスやザ・ダブリナーズにもろに影響されているのには驚いた。レパートリーの中の「ラジエーター(ソングス・オブ・フィル)」というオリジナル・トリビュート曲に感動。

d0084437_19175257.jpg
■ギターに書かれた文字で意気込みが伝わってくる・・・


 ザ・ポーグスのオリジナルメンバーで、音楽活動を再始動させたケイト・オリオーダン登場!レイモンド・ミードとのデュエットで「ローレライ」。わずかな時間のリハーサルだったけれどピッタリ息が合っていた。それもフィリップとの共演経験がお互いにあるからだろう。エルヴィス・コステロと離婚後のケイトをフィリップがラジエーターズのベーシストとして迎え入れ、音楽・芸能界への復帰を橋渡ししずいぶんと面倒をみていた。レイモンドはこのブログでたびたび紹介しているとおりザ・ポーグスの熱心なファンでありフィリップとのレコーディング経験もあるグラスゴーのシンガー・ソングライター。今月スティーヴ・クラドックのUKツアーに同行するなど順調な活動を続けている。

d0084437_19183690.jpg
■なんかこの写真、60年代の男女フォークデュオみたいだな・・・

◆筆者撮影
■Thanks for the pic John Ward 写真はカメラマンのジョン・ワード氏から拝借しました
[PR]

by chihon | 2014-12-05 23:46 | Philip Chevron
2014年 10月 15日

フィリップ・シェヴロンのギター寄贈

 この度フィリップの愛用ギターがジェイル・ギター・ドアーズ(※)を通じてダブリンのマウントジョイ刑務所へ寄贈された。囚人たちのリハビリテーション・プロセスで使用される。

d0084437_4453684.jpg
©Aidan Oliver Photography / Hot Press

◆寄贈セレモニーにて、アイルランド大統領マイケル・D・ヒギンズ承認のもと、フィリップのグレッチを手にしたビリー・ブラッグと刑務所長のブライアン・マーフィー氏。ビリーはこのギターを弾いて「リデンプション・ソング」を唄ったという・・・

(※)Jail Guitar Doors:刑務所に収容されている人達を音楽で救済しようという趣旨のもと、ビリー・ブラッグが2007年にイギリスで設立したプロジェクト。ギターを始めとする楽器類を刑務所に寄付するなどの活動を行っている。名前はザ・クラッシュの1978年のシングル「クラッシュ・シティ・ロッカーズ」のB面曲からとられ、あのミック・ジョーンズもこのプロジェクトに参加している。ザ・ポーグスはプロジェクトに賛同していて、以前にチャリティが行われた際にジェームズ・ファーンリィがアコーディオンとステージ衣装を出品・寄贈するなどしていた。
[PR]

by chihon | 2014-10-15 05:23 | Philip Chevron
2014年 10月 08日

Trouble Pilgrims : ANIMAL GANG BLUES / WHO DO YOU LOVE(シングル・リリース)

 フィリップ・シェヴロンは自ら携わったふたつのバンドの存続を希望していた・・・ひとつは今夏フジ・ロック・フェスに出演を果たし、一旦活動停止するようだが早ければ来年にも活動再開するはずだ。そしてもうひとつ・・・

 「アニマル・ギャング」とは1930年代に暗躍したダブリンのギャング団の総称。野蛮な行為を行う事からアニマルと称され現在まで都市伝説として伝わっている。一昨年にドキュメンタリー番組が放送された事からインスパイアされたフィリップとピート・ホリダィはソングライティングを開始するもフィリップの健康上の理由もあり未完成のままだった。その後、フィリップが抜けラジエーターズ・フロム・スペースからトラブル・ピルグリムスと改名(サードアルバムのタイトル:フィリップが名付け)、ピートが曲を仕上げレコーディングした。ジャケ写にあるメンバーの衣装もギャングっぽくキメていて、演奏もブルージーな雰囲気だ。フィリップの幻影も少しは感じられなくはないけれど、それは聴き手にもよるだろう。最初に「バンドの存続」って書いたけど、フィリップの言う「存続」って解散せずにライヴを続行するって事だけではないんだなってつくづく思う。

d0084437_13124920.jpg
◆両A面シングル。グラモフォン風なレーベルがカッコイイ。カップリングはボ・ディドリーで有名な曲のカヴァー。
iTunes
bandcamp

d0084437_13363146.jpg
◆左から トニー・レジャー(ギター) ピート・ホリダィ(ヴォーカル/ギター) スティーヴ・ラピド(テルミン/ヴォーカル) ジョニー・ボニー(ドラム) パディ・グッドウィン(ベース)。ピートとスティーヴがラジエーターズ・フロム・スペース結成時のオリジナルメンバー。来月ダブリンで行われるフィリップのメモリアルライヴにはメインバンドとして出演する。
[PR]

by chihon | 2014-10-08 13:45 | Philip Chevron
2014年 09月 30日

CHEVRON LIVES - フィリップ・シェヴロン・メモリアル開催

 もうすぐ一周忌(10月8日)を迎えるフィリップのメモリアルライヴが11月23日ダブリンのザ・シュガー・クラブにて行われます。ロディ・ドイル、トラブル・ピルグリムス、レイモンド・ミード、ケイト・オリオーダン等フィリップゆかりのミュージシャン、ライター陣が出演します。

d0084437_3132887.jpg
◆このライヴの収益金は聖フランシス・ホスピス(フィリップが余命を過ごしたダブリンのガン患者療養施設)へ寄付されます。
[PR]

by chihon | 2014-09-30 04:31 | Philip Chevron
2014年 02月 23日

The Radiators from Space : SOUND CITY BEAT アナログ盤(Vinyl LP)

 2年前にリリースされていた(日本未発売)ザ・ラジエーターズ・フロム・スペースの4枚目のアルバムのLPヴァージョンが到着しました。

 昨年フィリップの末期ガン病状が発表された後に、アメリカン・アイリッシュ・パンクのレーベル/コミュニティShite 'n' Onionsのジョン・マーフィー氏の呼びかけでクラウドファウンディング・サイトKickStarterを通じ出資金が募られました。なんとか制作可能な金額に到達させようと、フェイスブックやツイッターなどでの宣伝、結果的に出資者52人、3485ドルが集まりました。結果が出たのが偶然にも8月24日、フィリップのトリビュート・ライヴの開催日。この日会場で知らせを受け、250枚限定だけれどもプレス可能な出資が集まった事をフィリップをはじめメンバーらは大変喜んでいました。ようやく先頃LPが完成し出資者向けと予約者への配布が完了、残りをShite 'n' Onionsの販売ルートに乗せるとの事です。

d0084437_422931.jpg
◆アイルランドの60'sビート・グループのカヴァーで構成された18曲入り2枚組ダブルジャケット。病気が進行しつつも選曲からレコーディングまで綿密に作業を進めたフィリップ、そしてピート・ホリダィ渾身のアルバムです(ご両人の共同プロデュース)。アイルランドの古いロックを蘇らせ、本国のオールド・ロック・ファンから絶賛されました。日本ではポーグスのリスナーよりはヴァン・モリソンとかゼムとかシン・リジーのリスナーに受け入れられるかもしれません。ガレージ・サウンドが好みなら絶対楽しめるはずです。フィリップの遺作となってしまいましたが、亡くなる直前に病床でポスターやTシャツにサインをし、それは高額出資者へ届けられたといいます・・・
[PR]

by chihon | 2014-02-23 07:48 | Philip Chevron
2013年 12月 22日

The Radiators from Space : JOE STRUMMER【歌詞・対訳】



JOE STRUMMER
(Words & Music by Philip Chevron)

Stuart Pearce is on the line,
We're taking on the Argentine again;
But it's another false dawn for England
if he can't find the man to lead the line.
It's another false dawn for England,
he needs someone who is gonna shine.
And that's when I remember
the summer I spent with Joe Strummer,
I said that's when I remember
the summer I spent with Joe Strummer,
When we watched the World Cup together,
me and Joe and D.J. Scratchy.
We fell in love with Toto Schillaci
and played Afro-Cuban mariachi.
He can play guitar, be a registrar,
smoke a big cigar, build a repertoire,
sleep in a motorcar, fish a reservoir,
programme a VCR, be a Football star.

Hey Joe, a-rovin' we will go,
over from Cuba to Fallujah,
they're all eating Freedom fries.
Hey Joe, I miss you more than you could know:
it's not a world you'd recognize
and it still takes me by surprise.

And now the U.N. is on the 'phone -
America is going it alone again,
and it's a bad day for democracy,
it needs a sweeter tone.
Well, it's a bad day for democracy,
the world is in the danger-zone.
And that's when I remember
the summer I spent with Joe Strummer,
I said that's when I remember
the summer I spent with Joe Strummer,
We changed the world together
with a Fender Telecaster,
We were in bands that played it faster,
we were the masters of the ghetto-blaster.
He can play guitar, be a registrar,
smoke a fat cigar, build a repertoire,
sleep in a motorcar, fish a reservoir,
programme a VCR, be a punk rock Czar.

Hey Joe, a-rovin' we will go,
over from Cuba to Fallujah,
they're all eating Freedom fries.
Hey Joe, I miss you more than you could know:
it's not a world you'd recognize
and it still takes me by surprise.

And that's when I remember the summer
I last saw Strummer
I said that's when I remember
the last time I saw Joe Strummer.
And now the baby needs feeding
and the roof's leaking on my head.
Where's Joe when you need him?
Joe's brown bread.
But he can play guitar, be a registrar,
smoke a fat cigar, build a repertoire,
sleep in a motorcar, fish a reservoir,
programme a VCR, be a superstar.



ラジエーターズ・フロム・スペース/ジョー・ストラマー
(作詞・作曲 フィリップ・シェヴロン)

スチュアート・ピアースからの電話だ
俺たちはまたアルゼンチンに行く
イングランドにとってまたうその夜明け
彼が適任を見つけられなければ
イングランドにとってまたうその夜明け
キラキラ輝く誰かが必要なんだ
おぼえているよ
ジョー・ストラマーとすごした夏の日
おぼえているよ
ジョー・ストラマーとすごした夏の日
一緒にワールド・カップを観戦したね
俺とジョーとDJスクラッチー
トト・シラッチに恋をして
アフロキューバ・マリアッチを演奏した
彼はギターが弾けて、役人にもなれる
ぶっとい葉巻を吸って、レパートリーを広げられる
車の中で眠り、知識の宝庫を探せる
ヴィデオのプログラムを作って、サッカー選手になれる

ヘイ、ジョー、俺たち一緒にさまよい歩こう
キューバからファルージャまで
やつらみんな自由のポテトフライを食ってるぜ
ヘイ、ジョー、おまえがいなくなってどんなに寂しいか
おまえのいない世界を受け入れられない
おまえの死は俺にとっていまだに不意の出来事なんだ

こんどは国連からの電話だ
またアメリカの独壇場だ
それは民主主義にとっての悪しき日
もっとやわらかい口調がいい
民主主義にとっての悪しき日
世界が危険地帯に突入している
おぼえているよ
ジョー・ストラマーとすごした夏の日
おぼえているよ
ジョー・ストラマーとすごした夏の日
一緒に世界を変えたよね
フェンダー・テレキャスターを持って
ふたりともガンガン飛ばすバンドにいたね
俺たちは大型ラジカセの達人さ
彼はギターが弾けて、役人にもなれる
ぶっとい葉巻を吸って、レパートリーを広げられる
車の中で眠り、知識の宝庫を探せる
ヴィデオのプログラムを作って、パンクロックの皇帝になれる

ヘイ、ジョー、俺たち一緒にさまよい歩こう
キューバからファルージャまで
やつらみんな自由のポテトフライを食ってるぜ
ヘイ、ジョー、おまえがいなくなってどんなに寂しいか
おまえのいない世界を受け入れられない
おまえの死は俺にとっていまだに不意の出来事なんだ

あれは夏のことだった
俺が最後にストラマーに会ったのは
おぼえているよ
最後にジョー・ストラマーに会った日のことを
赤ん坊が腹を空かしている
俺の頭の屋根から雨漏りしてる
おまえが必要なんだ、どこにいるんだ
ジョーは逝っちまった
それでも彼はギターが弾けて、役人にもなれる
ぶっとい葉巻を吸って、レパートリーを広げられる
車の中で眠り、知識の宝庫を探せる
ヴィデオのプログラムを作って、スーパースターになれる

© The Radiators from Space 2006


d0084437_2317048.png
© Vision Productions and Television 1988

[PR]

by chihon | 2013-12-22 02:08 | Philip Chevron