The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Pogues( 130 )


2016年 12月 28日

RIP Frank Murray

 アイリッシュ・ロック界の最重要人物であり、かつてシン・リジーやポーグスをマネージメントしていた有名マネージャー/プロデューサー、フランク・マレィが12月22日に心臓発作のため急逝、66歳だった。

d0084437_1984077.jpg


 ダブリン出身のフランクのキャリア・スタートはシン・リジーのツアー・マネージャーだ。1977年のUKツアーのオープニングにラジエーターズ・フロム・スペースを抜擢、フィル・ラィノットやフィリップ・シェヴロンとは一生親友であり続けた仲だった。リジー解散後スペシャルズやエルトン・ジョンのツアマネを経て、ポーグスと出会う。きっかけはバンドに加入したてのフィリップからギグを観るよう誘われたから。ポーグスに惚れ込んだフランクはマネージメント・オフィスを設立。親交のあったテリー・ウッズを加入させたり、当初ケイト・オリオーダンが唄って制作が難航していた「フェアリーテール・オブ・ニューヨーク」にカースティ・マッコールを抜擢するなど手腕を発揮しバンドの成功に貢献していく。バンドやミュージシャンが成功するには実力だけでなくレーベル、プロデューサー、エンジニア、またツアーのスタッフ等の優秀さが絶対不可欠、これらを統括しマネージメントしていた。フランクなくしてポーグスの成功はなかったはずだ。

d0084437_199079.jpg


 1990年代になってからはグレン・ハンサードおよびザ・フレイムスを手がけた事でも知られている。その後イベントや映画の制作も手がけ、映画やドラマへ出演するなどメディア露出も多かった。近年はマイティ・ステフ、カミール・オサリバンをマネージメントしていてシェイン・マガゥワンとのコラボレーションも実現させた。
d0084437_1991893.jpg

THE IRISH POST


d0084437_1994016.jpg

◆私が最後にフランクに会ったのは3年半前のフィリップ・シェヴロン・トリビュートの時。「お前せっかく日本から来たんだから写真でも撮れよ」って感じに言われ撮らせて頂いた写真。右からスパイダー、シェイン、ラジエーターズのピート・ホリダィ、そしてフランク。心より御冥福をお祈りします・・・
[PR]

by chihon | 2016-12-28 19:22 | Pogues
2016年 10月 30日

ザ・ポーグス・アイリッシュ・ウイスキー免税品発売

 遂に出ました免税ヴァージョン。欧州ヴァージョン700ml(日本へはコレの並行輸入品が入ってきてます)、正規輸出/輸入ヴァージョン750ml(ボトル正面のロゴにIMPORTEDと記載されている)ですが、免税品はなんと1リットル(1000ml = 100cl)! ボトルも大きいです。

d0084437_22425124.jpg
◆ダブリンとコークの空港免税店でのみ購入可能・・・
[PR]

by chihon | 2016-10-30 02:45 | Pogues
2016年 08月 16日

TRIBUTE TO THE POGUES

 世界10ケ国以上から27アーティスト(27曲収録)が参加したトリビュート・アルバムがDL配信中!

 ジャケット写真をクリックでページに飛べます↓

d0084437_2205380.jpg

[PR]

by chihon | 2016-08-16 02:32 | Pogues
2016年 07月 15日

ザ・ポーグス・アイリッシュ・ウイスキーが酒類コンペティションで銀賞受賞

 West Cork Distillersが製造・販売しているアイリッシュ・ウイスキーTHE POGUES IRISH WHISKEYが、アメリカで開催された酒類コンペティションLos Angeles International Spirits Competition 2016において銀賞を受賞しました。

 Los Angeles International Spirits Competitionは、酒類業界において注目が集まるアメリカの酒類コンペティション。審査ではホテルマンやバーテンダー、レストランのシェフ、流通バイヤー、ジャーナリストなどの審査員によるブラインドテイスティングがカテゴリーごとに行われ、各賞が決定されているようです。

d0084437_1311831.jpg
◆昨年夏に発売されたこのウイスキー、アメリカでは正規輸入されていますが日本では正規輸入されていませんので並行輸入品を購入するか、扱ってるパブ等で飲むしかありません・・・
[PR]

by chihon | 2016-07-15 01:54 | Pogues
2015年 12月 31日

レミー・キルミスターとポーグス/カースティ・マッコール

 モーターヘッドはかつて、シェインがいたニップスやフィリップがいたラジエーターズ・フロム・スペースと同じチズウィックから、またポーグスやカースティ・マッコールと同じスティッフから作品をリリースしていた、いわばレーベルメイトだった。当時はメンバー同士の交流もあり、共通のスタッフもいた。


◆日本では公開されなかったが1987年のイギリスのブラックコメディ映画 EAT THE RICH でレミー、シェイン、テリーらがテロリスト役で共演したという珍しいエピソードも・・・


◆カースティが1985年にドイツのテレビに出演した時の珍しい映像。なんとレミーがギターを弾いている。曲はシングルでリリースされていた‘TERRY’、音楽バラエティ番組か(?)実際には唄っておらず、ギターも聴けない・・・

d0084437_1821080.jpg
◆スティッフ移籍第1弾シングル‘TERRY’(1983)、UKチャート82位。レミーがレコーディングに参加したという事実はない・・・
[PR]

by chihon | 2015-12-31 18:32 | Pogues
2015年 12月 28日

フェアリーテール・オブ・ニューヨークのロイヤリティ

 ヒット・クリスマス・ソングのロイヤリティ(印税額)をデイリーメール誌テレグラフ誌などが報じている。これによるとポーグスの'FAIRYTALE OF NEW YORK'(邦題「ニューヨークの夢」)には毎年4万ポンド(約7100万円)が支払わられているという。ワムやビング・クロスビーなどより高額なのが興味深い。

d0084437_473866.png
◆この金額が出版を管理しているパブリッシャー、作詞者であるシェインのパブリッシャー、作曲者であるジェムのパブリッシャーの3社で分配されてるはず・・・

d0084437_41259.jpg
◆オリジナルは1987年発売 UKチャート2位(アイルランド1位)。再発は3回、1991年 UKチャート36位(アイルランド10位)、2005年 UKチャート3位(アイルランド3位)、2012年 UKチャート12位(アイルランド9位)
[PR]

by chihon | 2015-12-28 04:09 | Pogues
2015年 11月 11日

THE POGUES IRISH WHISKEYを購入しました

 約4ヶ月前に発売され、ごく一部にしか供給されてなかったザ・ポーグス・アイリッシュ・ウィスキーがようやく一般市場向けに流通開始されたので購入しました。味のほうはともかく、艶消し黒のボトル・デザインは実際に手にとってみてもなかなかイイ感じ。広告とかでは750mlと謳ってたけど実際は700mlでアルコール度数は40%です。
d0084437_2362586.jpg

[PR]

by chihon | 2015-11-11 11:48 | Pogues
2015年 07月 25日

ザ・ポーグス・アイリッシュ・ウイスキー発売!

 なんとポーグス銘柄のアイリッシュ・ウイスキーが発売になった!製造はアイルランドの蒸留酒メーカー、ウエスト・コーク・ディスティラーズ。

d0084437_3403234.jpg
THE POGUES IRISH WHISKEY


d0084437_3404987.jpg

◆さて日本でも飲めるようになるかな?・・・
[PR]

by chihon | 2015-07-25 03:48 | Pogues
2014年 08月 12日

The Pogues at Fuji Rock Festival, Naeba Ski Resort, Japan 27 July

 今年のフジロックのスペシャルゲスト(クロージング枠)という微妙な立場での2年ぶり8度目の来日公演。ハイドパークと来日の間に2本のソロでのイベント出演のスケジュールを体調不良によりキャンセルしたシェイン、更にベースのダリルも体調不良でダウン、ギターのジェームズ・ウォルボーンはスケジュールの都合で参加できず・・・直前には来日が危惧されたが、6人はセッションベーシストを連れてなんとか来日してくれた。
d0084437_5132070.jpg

 グリーンステージでのヘッドライナー終了後のステージ転換が終わり、SEでおなじみのザ・クラッシュのあの曲が流れてきた時、いよいよ始まるぞって思い単独ホール公演では味わえない野外独特のあの感じも一緒に感じた。しかも深夜で少し雨が降っててっていうシチュエーション。始まってもシェインのテンションはあがらず演奏にも勢いが感じられない。現在のバンドの状況を目の当たりに見て、モッシュピットでの反応も見て、個人的にはそれにどう反応していいのか分からなかった。

 ステージ上には確かにスパイダー、ジェム、アンドリューの3人がいた。82年バンド結成から96年解散まで在籍し活動を共にした3人、言ってみれば「リアル・ポーグ」だ。ステージでの3人を観ながら、シェイン、テリー、フィリップ、ジェームズが次々とバンドを抜けたにもかかわらず、メンバーを入れ替えながらこの3人は活動を続行、そして失速、結局解散してしまったあの頃のライヴを思い出した。解散寸前でのライヴでも会場には熱気があったし観客は盛り上がっていた。

 再結成され13年、この日ステージにはシェイン、テリー、ジェームズもいて、あの頃のように熱気があり観客のノリもよかった。この場にはいろいろなタイプのファンや幅広い年齢層のオーディエンスがいて、みんなそれぞれいろいろな想いがあったはずだ。もし楽しめたならそれでいいと思う。

d0084437_5141751.png
© Ryota Mori FUJIROCK EXPRESS


SETLIST

01. Sunny Side of the Street
02. If I Should Fall from Grace with God
03. Streams of Whiskey
04. Kitty
05. Repeal of the Licensing Laws
06. Boys from the County Hell
07. The Body of an American
08. Jesse James
09. Dirty Old Town
10. Greenland Whale Fisheries
11. The Sick Bed of Cuchulainn
12. The Irish Rover
13. A Rainy Night in Soho
14. Sally Maclennane

◆フィリップもダリルもいないポーグスの今回のセットは、Sunnyで始まり、途中に去年から演ってるJessieが追加。理由はどうであれFiestaを演らなかったって事に賛否両論・・・
[PR]

by chihon | 2014-08-12 00:00 | Pogues
2014年 07月 29日

アーティストグッズ売場のポーグスとストライプス

d0084437_16102062.jpg
◆みなさん買えましたか?
[PR]

by chihon | 2014-07-29 16:16 | Pogues