The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Andrew Ranken( 5 )


2015年 05月 22日

The Mysterious Wheels : REACH OUT HOLD ON アンドリュー・ランカンのバンドのアルバム

 ポーグスのドラマーであるアンドリューが自らヴォーカリストとして率いているバンド、ミステリアス・ホイールズがなんとアルバムをリリースした。アンドリューが以前からポーグスと並行してこのバンドをやってて、月1、2ぐらいでロンドンでギグをやっているのは知っていたが、コマーシャリズムにのる事はなかったし、ライフワークとして身内的で趣味的にやってるんだな、って思ってたからアルバムリリースは予想してなかった。

d0084437_21384133.jpg
◆購入はココで iTunes amazon

 全13曲収録でオリジナル5曲がアンドリューのペンによる曲(ポーグス時代の曲‘TRAIN KEPT ROLLING ON’再録含む)。あとはブルース、リズム・アンド・ブルース、カントリー系のカヴァー曲で構成。選曲も素晴らしく、ヴォードヴィルというかビッグバンド風なイメージを連想させる仕上がり。

d0084437_21385819.jpg
◆アンドリューがリード・ヴォーカル。バンドは基本5人編成で楽器はギター、ベース、ドラム、ピアノ、パッカーションなどが使われている。一癖も二癖もありそうなミュージシャンたちだ。

d0084437_21391694.jpg
◆元々はヴォーカリストでザ・スティッカーズというパブロックっぽいパンク・バンドでデビューし、その後ロンドンでバスキングをしている時にポーグス結成にドラマーとして参加したという経歴の持ち主。ポーグスでも何曲か唄ってたのは周知の通りだし、自作曲もあったし、ヴォーカリストとしてのコラボ作品もある。90年代のトム・ウェイツに似たところがあり、このアルバムではそのサウンドと共に唄心にも関心させられる。

◆Photographs from The Mysterious Wheels Official Web by © Brian Daughton
[PR]

by chihon | 2015-05-22 00:21 | Andrew Ranken
2012年 03月 18日

アンドリュー、ツアー不参加

 いよいよ来週ザ・ポーグスの日本とオーストラリアのツアーが始まるが、今回アンドリュー・ランカンが個人的・家庭的な事情により不参加との事。サポート・ドラマーはボブ・ナイト。有名なセッション・ドラマーで、確かカースティ・マッコールのバックもやってたかな。カースティの元彼でポーグスでサックスやってたジェームズ・ナイトの弟。
[PR]

by chihon | 2012-03-18 01:24 | Andrew Ranken
2006年 11月 13日

Happy Birthday

d0084437_273621.jpgAndrew Ranken is 53 today
[PR]

by chihon | 2006-11-13 23:29 | Andrew Ranken
2006年 11月 02日

Peacock Palace

 これは有名ですね。発売当時ポスト・フェアグラウンド・アトラクションとか言われ話題になりました。ドイツはベルリンのアコースティックでトラッドでポップな女性ボーカルのグループです。ジェムとアンドリューが2曲参加。Featuring Andrew Rankenと銘打たれシングル・カットもされたアンドリューとのデュエット曲「ファースト・タイム」、もう1曲はポーグスの「トレイン・オブ・ラヴ」の再演。ああ懐かしい。

d0084437_14265991.jpg
CD Peacock Palace : GIFT, 1996 (PARCO / QUATTRO QTCY-2093)


d0084437_14425425.jpg
CDS Peacock Palace : FIRST TIME, 1996 (DRAGON BEAT / DB 003 CD)
[PR]

by chihon | 2006-11-02 02:07 | Andrew Ranken
2006年 09月 18日

The Stickers

 アンドリューが1970年代中頃にボーカリストとしてメンバーだったパブロック風なロックンロール・バンド。ブログ記事にするにあたりこのシングルを久しぶりに引っ張り出し、写真を撮りながら針を落としてみました。今でもライヴのアンコールでお馴染みの‘STAR OF THE COUNTY DOWN’では渋くて味のある唄声を披露してくれるアンドリューですが、30年前と今とあまり唄声に変化は無いですね。演奏は今風に言えばパワーポップで、全体的には初期のイアン・デューリーにビートを効かせた感じ、とでも言えばわかってもらえますでしょうか。
ちなみにこれは90年代に入ってから日本国内の中古のパンク・シングルを扱うレコード店で安価で買った覚えがあります。現在でもそのテのお店をマメにチェックすれば入手は可能かと思います。

d0084437_18123293.jpg
7" The Stickers : SHAKE ME / KIDS STUFF, 197? (Reliable / GUM 1)
[PR]

by chihon | 2006-09-18 18:13 | Andrew Ranken