The Old Main Blog

pogues.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 22日

Protex : STRANGE OBSESSIONS

 1978年結成から81年解散までに4枚のシングルをリリースしただけのProtexだが、実はPolydorとメジャー契約後の79年秋から80年春にかけて、ロンドンでChas Chandlerプロデュースのもとアルバムのレコーディングをしていた。実際には発売される事なく終わってしまったこの幻のアルバムが、30年後の2010年にSING SING RECORDSという再発専門レーベルからLP/CD/DLで発売されている。完全なオフィシャル・リリースではないそうで、音質もイマイチなのだが、Protexをまとめて聴けて現在入手可能なのはこのアルバムのみとなっている。

 デビュー・シングル‘DON'T RING ME UP’の別ヴァージョンを含む12曲入り。このバンドの楽曲の良さ、すなわちポップなメロディと性急なロックン・ロールが満載。ふたりのソングライター、Aidan Murtagh/Dave McMasterのそれぞれのヴォーカルやキャラクターの違いがなんとなく分かってきた。それにしてもProtexのファンなら共通して持っているであろう、あの感覚が心に染み込んでくる。Protexは現在までベルファスト・パンク/パワーポップの熱心なファンに支持され、知る人ぞ知る的な存在だった。もしもこのアルバムが当時イギリスで発売されたならおそらく日本盤も発売されただろうし(PolydorにはThe Jamがいたことだし)、それなりの注目や評価をされていただろう。

 30年以上の月日が流れ、来月彼らは東京で2回のライヴを行う。再結成後初のワンマン(単独公演)となる奇跡の来日公演では、このアルバムの収録曲はほとんど演奏されると予想される。

d0084437_113011.jpg

◆完成しながらもなぜこのアルバムが発売される事なくお蔵入りしてしまったのかは今もって謎のままである・・・
[PR]

by chihon | 2013-05-22 02:51 | NORTHERN IRELAND


<< 【告知】PROTEX トークイ...      Glamslam : THE ... >>