「ほっ」と。キャンペーン
2017年 01月 13日

Raymond Meade with Eva Kor : THE RAILWAY PEOPLE

 レイモンド・ミードの新作はアウシュビッツ生存者でありキャンドル・ミュージアム創設者、エヴァ・コール(脚注参照)との異色コラボレーション。書き下ろし3曲、エヴァ女史の朗読1曲、そして30分のオーディオ・ドキュメンタリーという構成。重いテーマながらもレイモンドが得意とするサウンドとメロディでまとめ上げたコンセプト的アルバムに仕上がっている。

d0084437_1951749.jpg

The Railway People(特設サイト - アルバムの売上すべてキャンドル・ミュージアムに寄付されます)

d0084437_19434928.jpg

◆ポーランド観光で訪れたアウシュビッツ収容所跡地で衝撃を受け、その後何度もこの地を訪れ歴史を学習しながらインスピレーションをカタチにしていったという。アルバムのタイトルは当時「死の門」と呼ばれた収容所への鉄道引込線を意味する。そのレールの一部は現在でもミュージアムの敷地内に敷かれている。



(脚注) Eva Mozes Kor : 1934年ルーマニアの農村にてユダヤ人の家庭の双子の姉妹として誕生。6歳の時に村がナチ兵に占領され家族ごとアウシュビッツ強制収容所へ連行される。双子だった事から数々の地獄的な人体実験にさらされるが終戦まで生き延びる。その後アメリカへ移住、家庭を持つ。84年にThe CANDLES (Children of Auschwitz Nazi Deadly Lab Experiments Survivors : ナチ・アウシュビッツの致命的な室内実験の生存物である子どもたち)Organizationを設立、95年にはインディアナ州・テレホートにCANDLES Holocaust Museum and Education Center(ミュージアム)を建設。”Forgiving Dr. Mengele" というドキュメンタリー映画(人体実験を主導した医師とそのスタッフ、人体実験にさらされた双子たち、そして許しがテーマ)に出演。著作もあり現在でもアウシュビッツを行き来してガイドや講演活動を行なっている。
[PR]

# by chihon | 2017-01-13 00:31 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 11日

Cronin : THE FIRST KISS OF LOVE シェイン・マガゥワン参加のアルバム

 アイルランド/マリンガーを拠点に活動しているアフターマスのジョニー(Vo, G)&ミック(Dr)・クローニン兄弟がバンド名をその名もクローニンと名乗って活動を開始、ファースト・アルバムがリリースされた。彼らはスタジオとレーベルを所有し、レコーディング〜リリース、プロモーションやツアーもすべて自前で行っている筋金入りのインディ・ロック・バンドだ。このアルバムはU2やフレイムスのレコーディング・エンジニアを起用、シェインの他あのBPファロン御大やウォーターボーイズのスティーヴ・ウィッカムも参加してるというメジャー顔負けのプロダクションでつくられた。
d0084437_1645232.jpg
iTunes bandcamp

d0084437_16141986.png

◆リーダーのミックと弟分のストライプス。ストライプスのメンバーもお気に入りのアルバムだという。音楽性も似ていると言えるかもしれないが年齢的にはひと回りぐらい上のクローニンのほうがアダルトな音で90年代UKロック寄り。


[PR]

# by chihon | 2017-01-11 11:43 | Shane MacGowan | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 09日

テレサ・マガゥワン続報(2)

 1月8日、葬儀が地元の教会でしめやかに執り行われた。

d0084437_2235413.jpg


d0084437_2173148.jpg


Irish Examiner

THE IRISH TIMES

[PR]

# by chihon | 2017-01-09 05:16 | Shane MacGowan | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 06日

クリスティン・ライアン永眠

 フィリップ・シェヴロン(本名 ライアン、2013年没)の母親、クリスティンがダブリンにて永眠されました。81歳でした。昨年(2016年)から体調を崩し入院、療養生活を送っていました。大晦日に容態が急変、危篤となり、元旦のシェインのお母様の事故死をはさんだ3日、現地時間午前中に帰らぬ人となってしまいました。

 夫婦でレストランを経営しながら一男一女を授かり育て上げました(父親は1997年に他界)。何度かお目にかかった事がありますが貴婦人的な印象のあるお方でした。ダブリンで息子フィリップのトリビュートが行われた時、無理に車椅子から立ち上がり歩こうとするフィリップを手助けしながらずっと付き添っていた姿が忘れられません。

d0084437_1305355.jpg

◆2015年5月アイルランド同性結婚合法化国民投票の時の投票所で・・・
 
 カトリックの国アイルランドでは同性愛者には偏見と差別が長年の間あったそうです。フィリップは19歳でラジエーターズ・フロム・スペースのデビューを期にイギリスへ渡った後、50代になってからの末期ガン療養まで(ツアーやレコーディング等の仕事以外では)アイルランドへ戻る事はありませんでした。ミュージシャンとして成功しても、周りのアイリッシュ(や音楽界)に同性愛者がいても、病に倒れるまで故郷に住む事はありませんでした。年代的にカトリック信仰の強い母親とは疎遠だったようです。生涯独身で、看病を頼る身のないまま故郷へ戻った末期ガンの息子を母親は渾身的に看病し最期を看とったそうです。思春期の頃に同性愛にめざめ生涯それを築いた息子を亡くした母親は、YES(同性結婚合法化賛成)と投票しました。
[PR]

# by chihon | 2017-01-06 13:10 | Philip Chevron | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 04日

シェインがフランク・マレィの葬儀に参列

 ポーグスのマネージャーだったフランク・マレィ(12月28日の投稿記事参照)の葬儀が3日、ダブリンで執り行われ、母親を交通事故で亡くしたばかりのシェインも参列した。
d0084437_330439.jpg

◆なんとも憔悴しきった表情・・・

d0084437_3301183.jpg

◆BPファロンとグレン・ハンサードも・・・

dailymail online

independent.ie

[PR]

# by chihon | 2017-01-04 03:51 | Shane MacGowan | Trackback | Comments(0)